小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

カルビー/高校生と共同開発「ポテトチップス合格する梅 梅肉みそ味」

カルビーは12月19日、福岡県立福岡農業高校(福岡県太宰府市)の3年生9名と共同開発した「ポテトチップス合格する梅(ばい) 梅肉(うめにく)みそ味」を中国・四国・九州エリアにて数量限定発売する。

<ポテトチップス合格する梅 梅肉みそ味>
ポテトチップス合格する梅 梅肉みそ味

太宰府市産の梅を100%使用した受験生を応援するポテトチップス。パンチの効いた肉みそのうま味に、梅のさっぱりとした後味がよく合うという。

生徒たちによって考えられた、約100種類の味案の中から、「今までにないけどより多くの人に楽しんでもらえる味」、「勉強の休憩中に食べて小腹を満たしリフレッシュできる味」を基準として、全員で話し合って「梅肉みそ味」に決定した。

「トントン拍子で合格するように」との験を担いで、ポークエキスパウダー(豚=トン)を使用して、濃厚な肉のうま味を表現している。

原材料には、生徒たちが自ら収穫し、加工した梅のペーストを粉末状にしたものを使った。

パッケージには、合格を想起させる桜のイラストを散りばめた。黒板のイラストと、可愛らしい豚のキャラクターを中央に配置することで、高校生とのコラボレーションだということを訴求している。

また、裏面には手書きで応援メッセージを書き込むことができるように、メッセージスペースを設けた。

内容量は58g、オープン価格。約26万袋販売予定、売切れ次第終了。

福岡農業高校では、2009年から太宰府市内で収穫した梅を使用した商品開発を行っている。同校は、太宰府の梅を使用した商品を多数開発する傍ら、カルビーの地域に根差した商品開発の取り組みを知り、2012年12月、カルビー九州支店にコラボレーションを提案した。

「地元の梅を使用した商品で、受験生を応援したい」という双方の思いが合致し、2013年度から同校とカルビーとの共同開発で「ポテトチップス合格する梅」シリーズをエリア限定・数量限定で販売している。

コラボレーション第4弾となる新商品は、4か月の開発期間を経て、完成した。授業を通じて、生徒たちはコンセプトやキャッチコピー、パッケージデザインを考え、最終的な味を決定するなど、実際の商品開発の工程に携わった。また、11月頃には福岡県内の小売業に対してカルビー社員が行う商談に、生徒たちが同席し、商品の販売提案にも参加した。

12月20日、太宰府観光列車「旅人-たびと-」、西鉄太宰府駅構内売店で、生徒たちによる実演販売も予定している。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧