小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

キリン/果実を皮ごと搾ったお酒「皮ごこち レモン・りんご」

キリンビールは3月7日、果実を皮ごと搾ることで素材本来のおいしさが楽しめる「皮ごこち レモン・りんご」を発売する。

<皮ごこち レモン・りんご>
皮ごこち レモン・りんご

RTS(Ready to Serveの略で、注ぐだけでそのまま飲めるアルコール飲料)商品は、自宅、友人との家飲み、飲食店など多様なシーンで飲用され、若年層を中心に支持を獲得している。同社調査によると、「いろいろな飲み方ができる」、「自分の好きな量を飲むことができる」など好評な一方で、「果汁感が足りない」、「甘さが強い」、「飲みごたえがない」など潜在的な不満があることが分かった。

新商品は、果実を皮ごと粉砕し素材本来の味を引き出すとともに、すっきりとした味わいで飲みやすさも実現した。

「レモン」は、爽やかな香りとすっきりとした甘さ、皮ごと搾ったレモンのほのかな苦みが特長。アルコール分14%。

「りんご」は、りんごを丸ごとかじったような華やかな香りとしゃきっとした酸味とやさしい甘みが楽しめるという。アルコール分12%。

グループ会社であるメルシャン社の国産焼酎「匠磨」と同じ製法を採用し、クセのない味わいの焼酎を雑味のない純水で仕上げた。

主要ターゲットは、20~30代。

それぞれ内容量は700ml、オープン価格。販売予定数は約2.4万ケース(200キロリットル、700ml×12本換算)。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧