メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ローソン/いちごスイーツ専門店「ICHIBIKO」監修の調理パンやスイーツ発売

2022年03月18日商品

関連キーワード:

ローソンは3月22日から、いちごスイーツ専門店「ICHIBIKO(いちびこ)」が監修した(調理パンやチルドスイーツなど4種類を順次発売する。ICHIBIKOが監修した商品の発売は今回が初となる。

<いちごスイーツ専門店「ICHIBIKO」監修の調理パン・スイーツのラインアップ>

商品は「ICHIBIKO監修 いちごみるくサンド」(調理パン:税込378円)、「ICHIBIKO監修 おやつコッペ いちごみるく」(調理パン:257円)、「Uchi Cafe×ICHIBIKO いちごロールケーキ」(チルドスイーツ:240円)、「Uchi Cafe×ICHIBIKO いちごみるくどらもっち」(チルドスイーツ:195円)をラインアップした。

<ICHIBIKO監修 いちごみるくサンド>

「ICHIBIKO監修 いちごみるくサンド」は、果肉感のあるいちごジャムと、北海道産の生クリームを合わせたホイップクリーム、甘酸っぱい味わいの国産いちご(3.5粒)をサンドした。パン生地に練乳を塗ることで、ホイップクリームのミルク感を引き立てている。3月22日に発売する。

<ICHIBIKO監修 おやつコッペ いちごみるく>

「ICHIBIKO監修 おやつコッペ いちごみるく」では、いちごの果実含有量が70%のいちごジャムと、北海道産の生クリームを合わせたホイップクリームを、ふんわりとした軽い食感のコッペパンにはさんだ。ほどよい甘みと酸味、ミルク感のあるホイップクリームが楽しめるという。発売は3月22日。

<Uchi Cafe×ICHIBIKO いちごロールケーキ>

「Uchi Cafe×ICHIBIKO いちごロールケーキ」は、2種類の北海道産の生クリームを使用した濃厚で口どけのよい、いちごクリームと、甘酸っぱいいちごソースを、北海道産の小麦・バター・ビートグラニュー糖・生クリームを使ったスポンジ生地で巻いたロールケーキ。天面には、ほどよい甘みと酸味のあるいちご(2分の1粒)をトッピングした。発売は3月29日。

<Uchi Cafe×ICHIBIKO いちごみるくどらもっち>

「Uchi Cafe×ICHIBIKO いちごみるくどらもっち」では、北海道産の生クリームを配合したホイップクリームと、いちご果肉入りの甘酸っぱいいちごクリームを、原料に長いもなどを加えた、もっちりとした歯切れのよい、どら焼き生地の中にとじ込めた。濃厚でミルク感のあるホイップクリームと、甘酸っぱく果肉感のあるいちごクリームが楽しめる和洋折衷スイーツという。3月29日に発売する。

ICHIBIKOは、「いちご好きの、いちご好きによる、いちご好きのためのお店」をモットーに、季節ごとで一番おいしいいちごの品種を選び、いちごが主役の商品を製造・販売する、いちごスイーツ専門店。2017年に東京都世田谷区に1号店をオープン。現在は、東京と宮城に合計で9店舗を展開する。

ローソンでは、自宅での食事などで、専門店のおいしさやご当地の味を楽しんでもらうことを狙って、全国の専門店や外食企業とコラボレーションした商品を、スイーツ、調理パン、麺類、惣菜などのカテゴリーで発売している。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年05月21日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方