流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





アマゾン/日本初の入国者向け受け取り用ロッカーを羽田空港に設置

2022年01月13日 14:40 / EC

アマゾンジャパンは1月13日、日本空港ビルデング、東京国際空港ターミナルの協力を受け、羽田空港の第3ターミナルに、海外から日本に入国する人向けの受け取り用ロッカー「Amazon ロッカー」を設置しサービスを開始したと発表した。日本への入国者用ロッカーは日本で初という。

<羽田空港第3ターミナルに設置した入国者向け「Amazon ロッカー」>

現在、海外から日本に入国する場合には緊急避難・予防措置として、日本国が指定する国や地域から来る人に対し、検疫所が確保する宿泊施設で待機するなどの隔離措置が講じられている。

これを受け、アマゾンでは、日本に入国し、検疫所が確保する施設で待機予定の人に、施設に向かう前に同社で注文した商品を非接触で届けることを目的にロッカーを設置。海外から入国し、宿泊施設での隔離を要請される人が日本のアマゾン(Amazon.co.jp)で注文した商品を入国時に受け取れるようにした。

利用方法は、Amazon.co.jpから商品を注文し、受取先を空港内のロッカーに設定。ロッカーへの配達が完了すると、受け取り準備完了の通知メールが送信される。空港に到着後、メールの「ピックアップを開始」をクリックして進めれば、ロッカーが遠隔で開き、商品が受け取れる。

<羽田空港第3ターミナル>

利用には、Amazon.co.jpのアカウントの所持やブルートゥース対応のスマートフォンといった機器を所有していることなどが条件になる。ロッカーは、「Sun」「Mercury」「Mars」の名前で、羽田空港内の同じ場所に設置した。

■Amazon ロッカー(羽田空港第3ターミナル)
場所:羽田空港第3ターミナル1階
営業時間:24時間

関連記事

関連カテゴリー

EC 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧