小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

安倍総理/「かつての日常に戻ることは困難」緊急事態宣言延長

行政/2020年04月30日

安倍晋三総理は4月30日、記者会見を開き、5月6日に終了期限を迎える新型コロナウイルス感染症対策の施策である緊急事態宣言について、延長する考えを示した。

安倍総理は、「5月7日からかつての日常に戻ることは、困難と考えます。ある程度の持久戦は、覚悟しなければならない。率直にそう申し上げなければならないと思います」と述べた。

延長の期間については、専門家の話を聞きたいと答えた。会見の全文は以下の通り。

――緊急事態宣言の延長についての考えをお聞かせください。

安倍総理 先ほど事業規模117兆円、過去最大の補正予算が成立をいたしました。早期成立にご協力をいただいたすべての与野党の議員の方に本当に感謝を申し上げたいと思います。早速、明日から中小企業、小規模事業者の皆様に、最大200万円の現金をお届けする持続化給付金の受付がスタートいたします。最速で、最も早い方で5月8日からスピード感をもって、そして、使い道に制限のない現金をお届けいたします。

また、実質無利子・無担保・元本返済最大5年間据え置きの融資を、お近くの地方銀行や信用金庫、信用組合で受けられるようになります。また、税金や社会保険料の納付が猶予されます。本当にいま、この厳しい状況の中で、歯を食いしばって頑張っておられる皆さんへのこうした支援を1日も早く、お届をし事業や雇用を必ずや守り抜いて行きたいと考えています。

緊急事態宣言を発出してから、約3週間が経過をいたしました。この間、国民の皆様には、外出を控えていただいたり、あるいは、自宅での勤務を継続していただいたり、さまざまな状況でご協力をいただいております。

また、学校の休業により、子どもたちは友達と一緒に勉強したり、遊んだり、共に過ごす大切な時間を失い、また、お父さん、お母さんにも本当にご負担をおかけしております。このように、本当にさまざまなご協力をいただいてますことに、謹んで御礼を申し上げたいと思います。本当に、ありがとうございます。

明日から、5連休が始まります。普通であれば、みんなが楽しみにしているゴールデンウイークではありますが、いま緩んでしまっては、これまでの努力が無駄になってしまいます。自分自身を守るため、愛する人を守るために、どうか外出を控えていただきたいと思います。

5月6日までの緊急事態宣言、その後の対応につきましては、専門家のみなさまに、さまざまなデータについて、見極めていただき、最終的に判断していくことになりますが、現下の大変、過酷な医療現場、そしていまこの瞬間も一人でも多くの命を救うために、本当に尽力をしていただいている医療従事者の皆様の負担を考えると、現状は大変、厳しい認識をしております。

5月7日からかつての日常に戻ることは、困難と考えます。ある程度の持久戦は、覚悟しなければならない。率直にそう申し上げなければならないと思います。その中で、全ての国民の皆様と一体となって、この困難を乗り越えていくため、この補正予算により、1人一律10万円の給付をお届けいたします。1日でも早くお届をしていくために、地方自治体の皆様のご協力をいただきながら、全力で取り組んでまいります。

この事業規模117兆円の補正予算をフル活用して、家計や生活を、そして事業や雇用を下支えして、この国難ともいえる困難な状況を国民の皆様と共に、乗り越えていきたいと思います。そのために、あらゆる手段を尽くしていく決意であります。

――延長の期間はどの程度になるとお考えですか。

安倍総理 延長の期間がどの程度になるのか、ということにつきましては、専門家の皆様にお話を伺いたいと考えています。

2020年度補正予算成立及び緊急事態宣言の延長について

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧