小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

成田空港/メガホン型多言語音声翻訳サービス「メガホンヤク」を導入

パナソニックシステムネットワークスは2017年1月、パナソニックのメガホン型多言語音声翻訳サービス「メガホンヤク」を成田国際空港に初導入する。

<メガホンヤク>
メガホンヤク

パナソニックの「メガホンヤク」はメガホン型翻訳機を使用し、日本語を英語、中国語、韓国語に翻訳して再生することができる。

このため、空港、駅といった交通機関や、展示会、イベントなどホールやスタジアムのほか、テーマパークや観光地など、さまざまな場所や場面で来場者やお客の誘導をスムーズに行うことができる。

成田国際空港は、「メガホンヤク」の開発にあたり、2015年12月~2016年3月にかけて世界で初めて試験的に配備するなど、災害時や天候不良時にターミナル内に滞在するお客に向けた案内を行う際の、「メガホンヤク」の有用性の検証を行っていた。

12月20日の「メガホンヤク」の正式サービス開始にあたり、成田国際空港は本格導入を行い3台を導入する。

今後は、数十台規模まで導入を拡大する予定で、より一層の来場者やお客サービス向上を目指す。

■多言語音声翻訳サービス「メガホンヤク」
http://panasonic.biz/it/invc/megahonyaku/

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧