小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

セブン-イレブン・沖縄/「省人化10設備」全店導入、約4時間作業削減

セブン-イレブン・沖縄は7月10日、省人化をサポートする10設備を11日に開業する全14店に導入し、合計で約4時間(223分)の作業時間を削減すると発表した。

<オープンケースの棚を全てスライド化>

新型常温ゴンドラの棚のスライド化で、商品陳列時間を71分削減、新型オープンケースの棚を全てスライド化し品出し時間を30分削減、ヒーターをIH方式へ変更した新型フライヤーは、煮沸不要で清掃が簡易化でき60分の作業時間を削減できる。

換気フードの清掃が水洗いで済む仕様のオイルスマッシャーで15分、新型FFウォーマーのスライド化・LED化で7分を削減する。

新型ウォークイン冷蔵庫は797本の陳列量が増加し10分を削減、レジ袋の取り出しを屈まずに取り出せる仕様にすることで20分を削減する。

新型平台冷凍ケース(アイスケース)はフィルター清掃を簡略化し6分、新型低温リーチインもフィルター清掃を簡略化し2分、新型栄養ドリンクケースもフィルター清掃を簡略化し2分の作業時間をそれぞれ削減する。

省人化設備の導入はセブン-イレブン・ジャパン全体の取り組みであり、新規出店店舗へ導入するほか、既存店舗でも設備の導入を推進する計画だ。

作業時間を削減することで、従業員のシフトを見直し・接客を強化し、売上・利益の改善につなげる予定だ。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧