小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

JR東日本/「次世代セルフ注文決済端末」導入、省人化推進

ジェイアール東日本フードビジネスとShowcase Gig(ショーケース・ギグ)は9月4日、池袋駅に隣接する「R・ベッカーズ池袋東口店」に、新型の次世代セルフ注文決済端末「O:der Kiosk(オーダーキオスク)」を初めて導入した。

<O:der Kiosk(オーダーキオスク)>
O:der Kiosk(オーダーキオスク)

オーダーキオスクは、従来の券売機と異なり、スマートフォンのアプリ感覚で商品を購入できるのが特徴。券売機は物理的なボタン操作のみで、おすすめのサイドメニューなどを紹介できないが、大型タッチパネルを採用することで、商品を選択している途中で、お客におすすめ商品を紹介することができる。

<新田社長(左)と山際社長(右)>
新田社長(左)と山際社長(右)

ジェイアール東日本フードビジネスの山際貞史社長は、「ベッカーズは、本格的なグルメバーガーを出している業態だ。人手不足の中でも、おいしい商品を出し、あたたかみのあるサービスを残していきたい。オーダーキオスクはまだ開発途上の端末で、お客様の意見を取り入れて使いやすい端末に育てたい。レジ業務を機械化することで、手作りのおいしさに人をシフトできると思う」と、新型決済端末導入の狙いを説明した。

オーダーキオスクを展開するショーケース・ギグの新田剛史社長は、「当社は2013年から、スマホを活用したモバイルオーダーの仕組みを展開しているが、普及に課題があった。スマホのアプリでは使いにくい、クレジットカードを登録したくないという人もいる中で、ハードウェアとしてのオーダー端末の必要性を感じていた。海外では、モバイルオーダーとキオスク型端末の併用店舗が普及している」と述べた。

<決済はクレジットカードと電子マネーに対応>
決済はクレジットカードと電子マネーに対応

オーダーキオスクは、スマートフォン的な操作ができるのが特徴で、物理的なボタンがないため、メニューや価格の改定をソフトウエア上で遠隔から操作することができる。決済は、クレジットカードと電子マネーに対応する。今後、お客からの要望を踏まえて、現金やQRコード決済への対応を検討する。

オーダーキオスクは、キャッシュレス決済のみに対応しているため、既存の注文カウンターを残し、従来型の注文と現金決済に対応する。

<従来型カウンターも併設>
従来型カウンターも併設

注文商品は、店内のデジタルサイネージに表示され、調理中か受け取り可能か、注文の順番ごとに表示する。

<注文商品の状況をデジタルサイネージで告知>
注文商品の状況をデジタルサイネージで告知

できあがった商品は、従来どおりお客がキッチンカウンターまで取りに行く仕組みを踏襲した。

<商品はキッチンカウンターで受け取る>
商品はキッチンカウンターで受け取る

山際社長は、「これからオーダーキオスクを進化させたい。従来の券売機では、注文の途中でお客様にドリンクをおすすめすることはできない。機械がどこまで接客できるのか。冷たい券売機ではなく、人の温かみを感じる券売機まで踏み込みたい」と将来の展望を語る。

今回、人通りが多い立地で多くの人がオーダーキオスクを体験できる立地にあり、店舗面積に新型端末を置く余裕がある「R・ベッカーズ池袋東口店」を実験店舗に選定したという。

R・ベッカーズ池袋東口店では、全注文のうち約半数をオーダーキオスクで受注できる体制を目指す。将来的には、人件費のコスト構造を見直し、従来の人件費を食材原価率に振り分け、よりおいしい商品を開発することにもつなげたいという。

<モバイルオーダーの紹介>
モバイルオーダーの紹介

オーダーキオスク導入に先駆け、JR東日本スタートアップとショーケース・ギグは1月28日から、駅ナカ施設の混雑緩和とキャッシュレス化の推進を目的として、日本レストランエンタプライズとジェイアール東日本フードビジネスが運営する駅ナカの飲食9店舗で、モバイルオーダー&ペイプラットフォーム「O:der(オーダー)」の実証実験を行った。

オーダーはスマートフォンアプリを活用したサービスで、事前注文をスマホで行いクレジットカード決済することで、指定時間に店舗で商品を受け取れるサービス。一定数の利用者が見込めることから、4月からオーダーを本格展開している。

現在、「ベッカーズ飯田橋東口店」「R・ベッカーズ田町店」「同池袋東口店」とおにぎり専門店「ほんのり屋池袋南口店」「池袋東口店」でオーダーを活用している。

これまでの導入店舗でのオーダーの利用実績は、売上高の約1%程度だが、今後、3%を目標にオーダーの利用を促進する予定だ。

新田社長は、「モバイルオーダーの注文比率は、アメリカのスターバックスでは20%程度、バーガーチェーンでも10%以上まで拡大している。今回の取り組みは、日本初の取り組みであり、JR東日本という知名度のある企業と連携することで、セルフ決済端末での購入体験を広め、ゆくゆくはモバイルオーダーの利用者を拡大したい」と抱負を述べた。

オーダーキオスクの開発は、ショーケース・ギグと資本業務提携しているJR東日本スタートアップが導入をサポートした。オーダーキオスクは、実用化後、一般向けの販売も計画する。

オーダーキオスクはJR東日本が展開する電子マネーSuica決済に対応しているため、オーダーキオスクが拡大すれば、JR東日本も決済手数料で収益を上げることができるという。

■未来型店舗の概要
導入店舗:R・ベッカーズ池袋東口店
所在地:東京都豊島区南池袋1-28-2
JR池袋駅改札外東口1階
導入台数:2台
営業時間:平日6時30分~23時30分(金曜25時閉店)
土5時~25時、日5時~23時30分
定休日:年中無休

■O:der(オーダー)
https://www.oderapp.jp/product/

■問い合わせ
https://www.oderapp.jp/contact/
TEL:03-5860-6511
(10時~19時平日のみ)

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧