小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ファーストリテイリング/「世界の倉庫を自動化」物流機器企業と提携

ファーストリテイリングは11月13日、自動倉庫などのマテハン機器のダイフク、知能ロボットを展開するMUJIN、商品ピッキングシステムを展開するExotec Solutionsと、サプライチェーン領域における戦略的グローバルパートナーシップを締結したと発表した。

<ファーストリテイリングの有明倉庫>
ファーストリテイリングの有明倉庫

契約締結によって、ファーストリテイリングは、さらなる倉庫の自動化とグローバル展開を加速し、各社それぞれの豊富な専門知識と経験を支えに、サプライチェーン改革を進める。

形状が柔らかく、商品種類も豊富なアパレル製品のピッキング作業は、これまで自動化が困難とされてきた。今回、新たにMUJINとモーションプランニングAIを用いたピッキングロボットを開発、全世界の倉庫に導入し、倉庫の自動化を加速させる。

海外においても倉庫自動化の展開を加速的に推進する。2018年10月にグローバルパートナーシップを締結したダイフクとは、すでに国内2拠点、海外2拠点の計4拠点、MUJINとは海外1拠点、Exotec Solutionsとも海外1拠点の倉庫自動化に着手しており、今後もこの取り組みを拡大する。

究極のサプライチェーンの実現に向け、今後も最先端の技術を持つ企業とのパートナーシップを、さらに拡大すると同時に、サプライチェーン改革の推進をリードできる人材の採用を積極的に進めていくという。

ファーストリテイリングが求める人材

■関連記事
ファーストリテイリング/総投資額1000億円、全世界の物流拠点を自動化
https://www.ryutsuu.biz/it/k100940.html

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧