メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

イトーヨーカドー/アリオ市原に大規模太陽光発電を導入

イトーヨーカ堂は7月21日、千葉県市原市で運営するショッピングセンター「アリオ市原」で、大規模な太陽光パネルによる発電システムを稼働する。

<太陽光パネルによる発電システム>
太陽光パネルによる発電システム

セブン&アイグループの環境宣言「GREEN CHALLENGE 2050」に基づき、店舗運営に伴うCO2排出を削減する取り組みの一環。

ショッピングセンターのスペースの有効活用の一つとして、その屋上部分に太陽光パネルを敷設し、店舗の使用電力の一部として活用するもの。

今回、「アリオ市原」全体の電力使用量の約25%を太陽光パネルによる発電で賄うことが可能となり、それに伴い使用電力におけるCO2排出量も約25%削減することができる。

これは、国内の商業施設として最大級の発電設備となり、今後も、対応可能な店舗については太陽光パネルの設置を進めるべく検討する。

太陽光パネル6229枚(国内ネクストエナジー社製)を設置し、発電容量は2367.02kW(=約 2.37MW)。想定発電量は年間で2,635,390kwh、年間で、1,199トンのCO2を削減する予定だ。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年08月08日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方