メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

三越伊勢丹/スマホアプリのアバターで買物「バーチャル伊勢丹新宿本店」

2021年03月17日IT・システム

三越伊勢丹ホールディングスは3月17日、VRを活用したスマートフォン向けアプリ「REV WORLDS(レヴ ワールズ)」の提供を開始したと発表した。

<アバターが伊勢丹新宿本店の仮想空間で買物>
20210316i1 728x497 - 三越伊勢丹/スマホアプリのアバターで買物「バーチャル伊勢丹新宿本店」

「REV WORLDS」のコンセプトは、「きっかけをインストールする、仮想都市のコミュニケーションプラットフォーム」。ユーザーはVR上でアバターを操作し、伊勢丹新宿本店の仮想空間で買物や、他ユーザーとの交流を楽しめる。

3月10日からアプリを本格開始しており、スタート時の仮想伊勢丹新宿店のフロア構成は、食品(地下1階)、化粧品(1階)の2フロアとした。今後取り扱いカテゴリーを順次増やしていく。

<他ユーザーとの交流も楽しめる>
20210316i3 - 三越伊勢丹/スマホアプリのアバターで買物「バーチャル伊勢丹新宿本店」

アプリ内では、営業時間・場所・商圏に捉われないオンラインの利便性に加え、新宿東口の街の一部エリア(伊勢丹新宿本店~新宿アルタ周辺)をモデルとした仮想都市空間、伊勢丹新宿本店の一部コンテンツを再現した仮想伊勢丹新宿店を体感できるという。

再現された街・店舗は、基本的にリアル世界と同じテイストを保ちつつ、一部はVRでしか体験できない遊び心ある世界観を表現している。

<新宿東口の街の一部エリアと伊勢丹新宿本店を再現>
20210316i2 728x359 - 三越伊勢丹/スマホアプリのアバターで買物「バーチャル伊勢丹新宿本店」

アプリスタート時は、新宿東口の街の一部エリアと伊勢丹新宿本店を再現。ユーザーは、アプリ内のどこに居ても、 チャット機能を使って、友人、家族、初めて出会ったユーザーとも会話・エモート(手を振る、おじぎなどのVR上の動作のこと)を楽しむことができる。

<コスメ催事もバーチャルで参加可能>
20210316i4 728x410 - 三越伊勢丹/スマホアプリのアバターで買物「バーチャル伊勢丹新宿本店」

仮想伊勢丹新宿店において、3月10日からコスメ催事(36ブランド、約150点)、ワイン催事(約30セット)を開催。気に入った商品があれば、アプリ上でクリックすることで、三越伊勢丹オンラインストアへ遷移して、実際の商品を購入可能だ。

3月17日行われたオンライン説明会でアプリ開発を手掛けた仲田朝彦氏は、「1人で目的買いをするECと真逆に、コミュニケーションしながら買物する『アナログな買物』をDXで実現。買物に『仮想の世界でコミュニケーション、回遊しながらショッピングする』という新しい価値体験を提供する。先行して参加したVR展示会では数十万PVの実績があり、バーチャル体験による集客に手ごたえを感じている。新規顧客・次世代顧客の取り込みにつなげたい」と説明した。

アプリはシニア、海外からの顧客も利用しやすいようボタンを減らし、直感的な操作性を重視した。犬・猫のサブアバターを設置し、利用案内機能を付けるとともに一緒に買物しているかのような楽しさも加えた。

<「リ・スタイル」は15ブランド・商品30点取り扱う>
20210316i5 728x410 - 三越伊勢丹/スマホアプリのアバターで買物「バーチャル伊勢丹新宿本店」

3月下旬のアップデート時には、ユーザーは、様々なエリアに配置されたNPC販売員(ノンプレイアブルキャラクター:無人操作のキャラクター)から商品やイベント情報を得ることができる。気に入った商品を登録する「お気に入り機能」も追加、3カ月ごとにバージョンアップを検討しており、顧客利便性向上を図る。

NPC販売員は、リアル店舗(伊勢丹新宿本店)の販売員を3Dスキャンして作成。バーチャル婦人服「リ・スタイル ショップ」(常設予定)において、チャット機能を使ってアバターの販売員の接客を受けられるなど、 まるでリアル店舗にいるかのような「人とのつながり」を体験可能となっている。「リ・スタイル ショップ」では、ブランド、伊勢丹新宿店のキュレーションごとに30のボックス(商品数約30点)を導入。商品を紹介するとともに、気に入った商品はECから購入できる。

今後、3月下旬に「リ・スタイル」以外にも、約20ブランド・約80点を販売する洋菓子コーナー、ワインコーナーを常設化。現在、アプリを使用しているユーザーはすべて同じ仮想空間で買物をする仕様だが、6~9月のアップデート時には、「1人で」「特定のユーザーと一緒に」といった買物空間を選べる機能を追加する予定だ。

「REV WORLDS」の取り組みを通じ、リアル店舗と連動したコンテンツとリアル店舗では実現できないサービスを掛け合わせることで、新しい顧客体験の提供をスタート。今後は、新宿の一部エリアや実在する既存の伊勢丹新宿本店の枠だけに捉われず、映画館、コンサートなど小売以外にも他社コンテンツを誘致するなど、VRプラットフォームの拡大にも挑戦していく。

■REV WORLDS
https://www.rev-worlds.com

■対応売場
3月10日(スタート時)
バーチャルコスメ催事「ISETAN MAKE UP PARTY」
ーチャル会期:3月10日~30日期間限定
場所:仮想伊勢丹新宿店1階
ブランド数:36ブランド
商品数:約150点 伊勢丹新宿本店限定品含む

バーチャルデパ地下「世界を旅するワイン展」
バーチャル会期:3月10日~26日 期間限定
場所:仮想伊勢丹新宿店地下1階 ワインコーナー
商品数:約30セット
※会期終了後は、同エリアは常設のワイン売場になる予定。

3月下旬(アップデート時)の仮想伊勢丹新宿店のフロア構成
1階 =バーチャル婦人服「リ・スタイル」ショップ
バーチャル会期:3月下旬~ 常設展開
場所:仮想伊勢丹新宿店1階 リ・スタイルショップ
ブランド数:約15ブランド
商品数:約30点

地下1階 =バーチャルデパ地下「洋菓子」コーナー
バーチャル会期:3月下旬~ 常設展開
場所:仮想伊勢丹新宿店地下1階 デパ地下
ブランド数:約20ブランド
商品数:約80点

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年11月30日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方