流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ダイドードリンコ/自販機の顔認証決済「カオーネ」マスク着用も対応

2021年04月26日 16:00 / IT・システム

ダイドードリンコは4月26日、マスクを着用していても顔認証で自動販売機から購入ができる顔認証決済サービス「KAO-NE(カオーネ)」の本格展開を開始したと発表した。対応自販機をダイドードリンコの大阪本社や東京本部、大同薬品工業の関東工場、NEC本社などに配置しており、今後は2000台の設置を目指す。

<「カオーネ」の案内(左)と利用イメージ>

「カオーネ」は、事前に顔画像やクレジットカード情報、パスコードをスマートフォンやタブレットなどの端末で登録。その後、対応する自販機での購入時に顔とパスコードの2要素認証を行えば、商品の購入と決済ができる。

<「カオーネ」の利用手順>

顔認証はマスクを着用していても可能。食品工場や薬品工業などのマスク着用が必須となる企業からの顧客ニーズや、コロナ禍によるニューノーマル(新常態)に対応した。ダイドードリンコによると自動販売機での顔認証決済サービスは日本初という。

顔認証技術には、NECの生体認証「Bio-IDiom(バイオイディオム)」を利用する。同技術は顔、こう彩、指紋、掌紋、指静脈、声、耳音響などで生体認証を行い、ニーズに合わせて使い分けや組み合わせができる。

ダイドードリンコとNECは、20年に共同で実証実験を実施。実験では「財布やスマホを出さずに購入できることが、想像以上に便利」など、顧客から快適な購入体験の回答を得られる一方で、「マスクをしたままで買えるといい」「認証までの時間が少し長い」などの課題も浮かび上がった。

課題を受け、2社では顔認証の精度やスピードの向上、対応決済手段の拡大、マスクを着用したままでの認証を可能にするなどの改善を図った結果、利便性の高い仕様にできたことから本格展開に踏み切った。

ダイドードリンコは、国内飲料事業で、売り上げの8割以上を自販機チャネルが占める。顔認証決済サービスで、オフィスや工場、病院内などの施設に対して、財布やスマートフォンなどを持ち歩かずに飲料購入が可能になる決済の便利さや環境を提供することで、自販機ビジネスを拡大する。

関連記事

関連カテゴリー

IT・システム 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧