流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





アマゾン/アマゾンペイの販売事業者向け決済手数料の一部を3.9%に引き下げ

2021年10月01日 12:10 / IT・システム

アマゾンは10月1日から、ID決済サービス「Amazon Pay(アマゾンペイ)」のデジタルコンテンツ以外の商品とサービス販売に適用される販売事業者向けの決済手数料を改定し、従来の4%から3.9%に引き下げた。

アマゾンペイは、アマゾンのアカウントに登録されている配送先情報や支払い情報を利用することで、アマゾン以外のECサイトで買い物ができるID決済サービス。日本では2015年5月に開始し、現在、1万数千社の販売事業者が運営する10万以上のECサイトで利用されている。

今回の引き下げについては「販売事業者の愛顧に応えて、決済手数料の一部引き下げた」(アマゾンジャパン Amazon Pay事業本部 井野川拓也本部長)としている。同社では、今後もECビジネスの開始や拡大を検討する中小企業を始めとした多くの事業者のニーズに応えられるようアマゾンペイのサービスを向上させていくという。

関連記事

関連カテゴリー

IT・システム 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧