メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

オーケー/ネットスーパー効率化にスキャンディットのピッキングアプリ導入

2021年10月27日IT・システム

スキャンディットは10月27日、オーケーが10月にオープンしたネットスーパーのピッキング業務効率化のために、スキャンディットが提供する独自のコンピュータビジョン技術と機械学習(ML)を駆使したプラットフォーム「Scandit Barcode Scanner SDK」と「MatrixScan AR」を搭載したスマートフォンアプリを導入したと発表した。

コンピュータビジョンは、「画像認識システム」と言われ、コンピュータが人の目に代わりデジタルな画像、または動画を識別する研究分野。Scanditは、モバイルに特化した独自のコンピュータビジョン開発販売を展開している。

スキャンディットとオーケーは今年2月、「Scandit Barcode Scanner SDK」と「MatrixScan AR」を搭載したスマートフォンをオーケーの全店舗に配布し、店舗スタッフの負荷軽減とオペレーションの高度化に向けて協業していくことを発表した。

その第1弾として、ネットスーパーのピッキング業務にスキャンディットのシステムを搭載したアプリを導入した。

ネットスーパーの運用設計段階では紙のリストを使ったピッキングが予定されていたが、実証実験において目視確認ではワイン、乳製品などパッケージが似ている商品はピッキングに時間がかかり、ミスも起こりやすいことが判明。そのため、スキャンの必要性を痛感し、複数のバーコードリーダーを比較検討した結果、読み取りの速さと精度の高さでスキャンディットの導入を決めた。ピッキングアプリは、マインドアイルが3カ月で開発し、紙のリストを使ったピッキングでは1商品あたり5秒かかっていたところ、アプリでは2秒に短縮され、ピッキングミスも6%がほぼ0%にまで削減されたという。

オーケー執行役員IT本部の田中覚本部長は、「デジタル技術を活用し、店舗オペレーションの効率化、業務の高度化、スタッフの満足度向上、さらには顧客満足度の向上を目指すためには、スキャン技術を利用した業務アプリケーションの開発が非常に重要でした」。

「アプリの使い勝手を実用レベルに高めるためにはスキャンディットは必要不可欠で、実際に使用している店舗スタッフも反応の速さに非常に満足してくれています。新人スタッフでも熟練スタッフと同じ業務品質でピッキングできるようになったことは大きな成果で、今後はさらにスキャン技術を活用し、店舗オペレーションを進化させていきます」とコメントしている。

■Scandit MatrixScan AR機能に関する参考動画
https://www.scandit.com/jp/resources/videos/matrixscan/

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年11月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方