メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

JR東日本/仙台駅構内店舗への商品搬送に「搬送用ロボット」

2021年11月26日IT・システム

関連キーワード:

JR東日本 仙台支社は11月26日、仙台駅構内店舗への商品搬送に「搬送用ロボット」を導入すると発表した。

<仙台駅構内店舗への商品搬送に「搬送用ロボット」導入>
20211126j3 728x461 - JR東日本/仙台駅構内店舗への商品搬送に「搬送用ロボット」

仙台駅北部高架下や東口に分散していた荷さばき施設、倉庫、グループ会社事務所を東口に移転・集約し、新しい物流施設「JRロジスティックビル ハイフン仙台」を整備、12月より本稼働を開始する。

同施設と駅構内店舗間の物流に、12月より2種類の搬送用ロボットを導入し、仙台駅の構内物流を改革するもの。

<NN-470>
20211126j1 - JR東日本/仙台駅構内店舗への商品搬送に「搬送用ロボット」

シンテックホズミが提供する本体高さ134mmの低床構造の最新型サービスロボット「NN-470」、Doogが提供する誰でも簡単に使える協働運搬ロボット「サウザー」を採用した。

「NN-470」は、タブレット端末で行き先を指示、充電ステーションから自動的に離脱、搬入用台車(カゴ台車)の下に潜り込みリフトアップ、設定したルートを自動走行して荷物を搬送、人手を介することなく搬送を終えた空台車と交換を自動で行う予定だ。

<サウザー>
20211126j2 - JR東日本/仙台駅構内店舗への商品搬送に「搬送用ロボット」

また、「サウザー」は、段差や斜面などにも適応し、屋内だけでなく、屋外の運用も可能で、各現場の運用に合わせたカスタマイズ性やソリューション構築の自由度を持つため、さまざまなフィールドで活用されているという。

ハイフン仙台から駅構内後方施設まで、SUSが製作した台車を連結し、搬送スタッフに追従して大量の荷物を搬送する計画となっている。

■JRロジスティックビル ハイフン仙台
所在地 宮城県仙台市宮城野区名掛丁200-6
構造・規模:鉄骨造、地上9階建て、高さ約34m
延床面積:約4200m2
用途:荷さばき施設、倉庫、事務所、
駅構内店舗従業員等後方施設(更衣室、休養室など)

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年12月04日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方