SAP/アインHDの基幹システムに「SAP S/4HANA(R)Cloud」導入

2023年03月24日 11:03 / IT・システム

SAPジャパンは3月23日、アインホールディングスがSaaS版クラウドERPの「SAP S/4HANA(R)Cloud」(エスエーピー・エスフォーハナ・クラウド)を中核とするクラウドオファリング「RISE with SAP」(ライズ・ウィズ・エスエーピー)を採用したことを発表した。

システム導入は、「SAP S/4HANA(R)Cloud」の国内導入実績を多く有しているフォーカスシステムズが担当する。

アインHDを取り巻く環境は、医療費削減の流れや、異業種からの参入増加など、変化・競争が激しくなっている。このような環境の中、社内におけるDXが急務と認識し、経営基盤のコアとなる基幹システムの強化に取り組んだ。

その結果、将来にわたって利用できる変化対応力を持ち、グローバル・デファクト・スタンダードかつ、SaaSで提供される「SAP S/4HANA(R)Cloud, public edition」の採用を決定。これを利用することで、Fit to Standardアプローチにより経営基盤を短期間で導入できるほか、四半期ごとに行われる機能アップデートにより最新テクノロジーの維持が可能になる。

新システムの導入により、ルーチン業務の自動化等による業務のシンプル化・効率化、生産性の向上をはじめ、業務の拡大に伴う出店やM&Aの継続的な施策、M&A実施後の業務統合を効率的に実施し、迅速な経営が行えるシステム基盤の実現を目指す。

■SAPの関連記事
JSOL/ライオンの基幹システムに「SAP S/4HANA」導入

流通ニュースでは小売・流通業界に特化した
B2B専門のニュースを平日毎朝メール配信しています。

メルマガ無料登録はこちら

IT・システム 最新記事

一覧

DXに関する最新ニュース

一覧

経営戦略に関する最新ニュース

一覧

アインホールディングスに関する最新ニュース

一覧

最新ニュース

一覧