小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

日本KFC/ベンチに座った新カーネル像をお披露目、記念撮影に対応

日本ケンタッキー・フライド・チキン(日本KFC)は7月19日、東京都文京区の「KFC東京ドームシティラクーア店」に、ベンチに座った新カーネル・サンダース像を設置した。

<ベンチに座った新カーネル・サンダース像>
ベンチに座った新カーネル・サンダース像

カーネル・サンダース立像は、創業翌年の1971年から約47年間店頭に立ち続け、お客を迎えてきた。

子どもから「どうしてカーネルおじさんは店頭で立っているの?」との声もあり、従来のカーネル・サンダース立像のイメージを大切にしつつベンチに座らせたことで、より子どもの目線でふれあえるように仕上げた。

カーネル・サンダースとともにベンチに座り、ほっと一息ついたり、家族で写真撮影できる像として登場する。

今回は5体を制作し、、7月20日にKFCららぽーと新三郷店(埼玉県三郷市)、KFCザ・モール仙台長町店(宮城県仙台市)、7月24日にKFCららぽーとEXPOCITY店(大阪府吹田市)、日本KFCの横浜本社(神奈川県横浜市)へ順次、設置する予定だ。

日本KFCは、2020年に創業50周年を迎える。今後、お客の反応を伺いながら、2020年に向けて各地のKFC店舗に設置し、これまで以上にカーネル・サンダースを身近に感じられるようにする。

新カーネル像の登場を記念して、新カーネル像のネーミングを募集する「#なんとかカーネル お名前募集Twitter キャンペーン」を7月19日から8月15日に実施する。

7月に設置するKFC4店では、店舗での商品購入時に新カーネル像と一緒に撮影した写真を見せると、各店舗先着150 人にKFC特製グッズを進呈する。

<カーネル・サンダース立像>
カーネル・サンダース立像

日本でカーネル立像が登場したのは1971 年頃のこと。原型はカナダの、あるフランチャイズ店がイベントのために作ったもので、それを、たまたま訪れた日本の幹部が面白いアイディアだと考えて持ち帰った。

フライドチキンという言葉も、まだなじみがなく、骨つきの鶏を手で食べるという風習もなかった当時の日本では、まったく無名だったKFCは、なんとか認知してもらおうと考えて、店頭に置くようになった。

新たに製造した立像をお店に置くようにしたのは、日本独自のスタイル。やがて、アジア各国にKFCができる際、日本のスタッフが応援に出かけたことから、立像を持ち込み、以後、アジアを中心に立像を置く国が増えた。

立像はカーネル・サンダースのほぼ等身大で、立像の身長は173cm、重量は26kg。立像のモデルとなった60代当時のカーネルは身長が180cm、体重が約90kgだった。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧