小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

いなげや/ひばりが丘パルコにカフェ併設の「ブルーミングブルーミー」

いなげやは6月29日、東京都西東京市の西武池袋線ひばりヶ丘駅前のファッションビル「ひばりヶ丘PARCO」地下1階に、「ブルーミングブルーミーひばりが丘パルコ店」をオープンした。

<ブルーミングブルーミーひばりが丘パルコ店>
ブルーミングブルーミーひばりが丘パルコ店

コンセプトは、「地域一番の鮮度・豊富な品揃え・上質な接客と買物空間で地域に欠かせないお店」で、売上目標は日商510万円、年商約18億5000円とした。

2月20日に閉店した「クイーンズ伊勢丹ひばりが丘パルコ店」の跡地に出店するもの。居ぬき出店の利点を生かし、クイーンズ伊勢丹時代の利点を最大限に活用した。

<フロアガイド>
フロアガイド

延床面積は2652m2で、テナントとしてドラッグストアの「ココカラファイン」を誘致した。ココカラファインは、クイーンズ伊勢丹時には、セイジョー業態で出店していた。

<ココカラファイン>
ココカラファイン

食品スーパーとドラッグストアの買い回りは親和性が高いほか、セイジョーを利用していたポイントカードの顧客の来店も期待できるため、ドラッグストアを残した。

<ベーカリーカフェ>
ベーカリーカフェ

階段で地上からつながる入口には、ベーカリーカフェを設置した。ベーカリーカフェは、35席のイートインコーナーに隣接して展開。駅前立地でニーズの高いカフェ需要に対応する。

ベーカリーカフェの厨房は、クイーンズ伊勢丹が設置した設備を活用することで、出店コストを抑えた。

パートナー社員についても、クイーンズ伊勢丹の従業員25人を引き継いだ。

<コールドプレスジュースなど上質商品も導入>
コールドプレスジュースなど上質商品も導入

ブルーミングブルーミーは、通常のいなげや業態と比べて上質な業態と位置付けられており、店舗内装や什器に重厚感のあるものを採用したほか、各商品カテゴリーごとに一部上質な商品を取り入れた。

<青果はEDLPで対応>
青果はEDLPで対応

一方で、ひばりヶ丘PARCOは駅前のロータリーを挟み対面に、西友ひばりヶ丘店があるため、価格対応も意識した。

店舗入口にある青果売場では、毎日低価格で販売するEDLP施策を導入し、上質業態であっても価格訴求をすることで、週に何度も来店しやすい店舗を目指した。

ひばりヶ丘駅の乗降者数は、1日平均約7万人で、南口の利用者が55%となっている。バス路線も充実しており、北は新座駅、朝霞台駅や、南は田無駅、三鷹駅など広範囲に移動ができる。

<糖質を意識した商品をコーナー展開>
糖質を意識した商品をコーナー展開

世帯数は、500m圏5702世帯(1万1191人)、1km圏2万701世帯(4万3823人)で、世帯人員は、2.09人となっている。

<インスタント食品でも健康を訴求>
インスタント食品でも健康を訴求

店舗南には、ひばりが丘団地や谷戸2丁目の大型マンション郡、駅前の HIBARI TOWER など、大型集合住宅も多くあるが、店舗周辺は1戸建てがメインのエリアとなっている。

<ファミリー向けの大容量菓子も販売>
ファミリー向けの大容量菓子も販売

駅前立地のため、通勤・通学中のお客やパルコへの買い物客の利用を想定している。メインターゲットは、30~40歳代のファミリー世代(3~4人家族)とした。

<注力カテゴリーのトマトは多段冷ケースで集合展開>
注力カテゴリーのトマトは多段冷ケースで集合展開

取扱いアイテム数は、青果510、精肉360、精肉450、惣菜330、加工食品・日配食品8300、非食品700、合計1万650アイテムを展開する。

次>> 売場面積1601m2、小型店でも生鮮訴求

次へ> 1 2 3

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧