小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イオン/宅配人手不足に対応、11月中に冬ギフトを届ける新提案

イオンは11月13日、日本郵便などが配送しているイオンの冬ギフトで、11月下旬の配送への移行をすすめる取組み「11月下旬のお届け促進キャンペーン」を開始すると発表した。

<キャンペーンの告知>
キャンペーンの告知

昨今の労働需給の逼迫、Eコマースなどの進展に伴う荷物の取扱量の増加などにより、宅配便業界は慢性的な労働力不足にある。

特に、お歳暮などによる配送商品が集中する年末期の配送の効率化が課題となっている。

イオンの冬ギフトを主に取扱っている日本郵便も、年末期の取扱量は通常時よりも増加することから、年末期に集中する配送商品の取扱量の軽減策の一助となるよう、12月に集中していたギフト配送を11月中に移行させる取組みにいたった。

キャンペーンは、11月20までの申し込みを対象に、冬ギフトの配送期間を「11月21日~11月30日」に指定したお客(依頼主)と同期間で冬ギフトを受け取ったお客(届け先)に抽選で「選べるカタログギフト」(4000円相当)を、それぞれ抽選で進呈する。

当選本数は、依頼主5000本、届け先5000本で、当選発表はイオンの冬ギフトのホームページで12月下旬頃に発表する。

また、11月21日~11月30日の期間限定お届けの「旬を贈るギフト企画」を実施する。

「佐賀県産あんみつ姫みかん」や「福島県産みしらず柿」などの農産物ギフトや「北海道産刺身用ほたて貝柱」などの水産物ギフトの9品目が対象となる。

イオンはお中元など今後のギフトシーズンでも、配送日を分散化する取り組みを導入し、ギフトの配送時期の新しい慣習の提案を推進する。

今回の取り組みが宅配業界、小売業界に波及し、社会全体で推進する活動に育つことを目指す。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧