小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

日清食品/JR渋谷駅に意外な食材をドリップして作る「カレーメシ」の店オープン

日清食品は11月2日、意外な食材をコーヒー器具でドリップしてつくる「カレーメシ」を提供する「DRIP CURRYMESHI TOKYO」をJR渋谷駅でオープンする。

<DRIP CURRYMESHI TOKYO>
DRIP CURRYMESHI TOKYO1

DRIP CURRYMESHI TOKYO2

「カレーメシ」は、 ルゥでもレトルトでもない、 お米とルゥが混ざった状態で出来上がる「第3のカレー」という新ジャンルのカレーとして発売。

発売から3年目を迎えた今年、これまでのレンジ調理から湯かけ調理へリニューアルし、簡便性がさらにアップした。今回、従来のファンはもちろん、今まで「カレーメシ」を食べたことがない人にも楽しんでもらいたいという思いから、「DRIP CURRYMESHI TOKYO」が誕生した。

通常湯かけ調理で食べる「カレーメシ」を、「DRIP CURRYMESHI TOKYO」ではコーヒーやかつお節、 ジャスミン茶などを一品ずつ丁寧にドリップして提供する。

丁寧にドリップしてつくる「カレーメシ」は、全15種類のメニューをラインアップし、いずれも290円(税込)で提供する。

「DRIP CURRYMESHI TOKYO」の店内は、佐藤可士和氏監修のもと、デザイン性と機能性を重視してつくられている。だれでも利用しやすい空間でありながら、従来の「カレーメシ」のイメージを一新するような、都会的で洗練された雰囲気だという。

場所は、JR渋谷駅山手線内回りホーム。営業時間10~20時(ラストオーダーは21時30分)。

■ドリップカレーメシ紹介サイト
http://www.currymeshi.com/dripcurrymeshi/

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧