メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ヤマダHD/アドインテと協業、全店舗に棚前デジタルサイネージメディア設置

2021年03月10日販促

ヤマダホールディングスは3月10日、IoTとAIを活用し流通小売業・メーカー向けDX支援、リテールメディア開発、運用を行うアドインテと協業すると発表した。

まずは全国のヤマダデンキ全店舗(約700店舗)において、棚前デジタルサイネージメディア7000面を設置し、ヤマダアプリ(ケイタイde安心)と連動したプッシュ通知広告、サイネージ広告媒体「ヤマダデンキ棚前サイネージメディア(仮)」を共同で開発し、広告枠の販売を開始する。

<サービス概要イメージ>
20210310yamada1 728x430 - ヤマダHD/アドインテと協業、全店舗に棚前デジタルサイネージメディア設置

全国のヤマダデンキ売場内において、デジタルサイネージメディアを設置することで、動画の放映及びアドインテ独自開発のIoT端末「AIBeacon」を活用し、放映しているコンテンツに連動させてヤマダアプリ(ケイタイde安心)からプッシュ通知で情報を配信する。

自社枠でチラシ情報と連携した店舗内のクーポンやお買い得情報、季節に応じた目玉商品など、お客がリアルタイムに受け取ることが可能となり、買い物体験向上を目指した取り組みとなる。

<デジタルサイネージメディアの設置例>
20210310yamada2 - ヤマダHD/アドインテと協業、全店舗に棚前デジタルサイネージメディア設置

売場での訴求を行う事で、購買行動に直結する効果を狙えるだけでなく、ブランドメーカーの商品認知から購買行動までの一連のプロセスをカバーし、訴求した商品の購買の計測まで行える業界初の取り組みだという。

ヤマダHDは、メディア機能を実装したリアル店舗のメディア価値は、今後さらに拡大し、ブランドメーカーが活用する、購買データ連携されたマーケティングプラットフォームや店舗内でのデジタルサイネージメディアが次々に構築されると考えている。今後も、店舗でのユーザー体験向上を目的としたリテールメディア開発・運用を絶えず進化させるという。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年04月19日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方