流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





楽天/フリマ出品物配送「かんたんラクマパック」セブンイレブンで利用可能に

2021年04月21日 13:30 / 販促

楽天は4月26日から、フリマアプリ「ラクマ」で、ヤマト運輸の配送サービス「かんたんラクマパック」が、全国のセブン-イレブンの約2万1000店(4月1日時点)と、宅配便ロッカー「PUDOステーション」の約5800カ所で利用可能になると発表した。

<セブン-イレブンなどでの発送対応案内>

「かんたんラクマパック」は、ラクマ上で取り引きが成立した出品物を配送するサービス。今回、セブン-イレブンの店舗での発送手続きが可能になり、PUDOステーションでも対応したことでユーザーの利便性を向上させた。これまではヤマト運輸の営業所やファミリーマートで対応していた。発送手続きは4月26日の14時から行える。

サービスでは、送り先の宛名の記入が不要で、全国一律の料金によって購入者に商品を配送することが可能。料金には配送トラブルが発生した場合の商品代金などの補償も含まれる。配送状況は、ラクマのアプリ上から確認できる。ネコポス、宅急便コンパクト、宅急便が対応しており、ネコポスを利用した場合は、全国一律で最低価格が税込200円からとなっている。

<セブン-イレブンからの発送方法>

セブン-イレブンからの発送手続きは、ユーザーが発送準備の完了後、ラクマのアプリ上で発行される発送用のバーコードを取得。その後、セブンの店舗のレジでバーコードを提示し、レジで渡される伝票を荷物に貼り付ければ完了する。

<PUDOステーションからの発送方法>


PUDOステーションの場合は、発送準備完了後、ラクマのアプリ上で発行される専用のQRコードを取得し、PUDOステーションのスキャナにかざし画面の案内に従って操作し、ロッカーに荷物を入れ扉を閉めた後、画面上の手続きをすれば完了する。クール宅急便、宅急便コレクト、運賃着払い、120サイズ以上の荷物は利用できない。

ラクマのアプリは、2020年6月末時点で2500万ダウンロードを突破している。楽天では、今後もラクマでユーザーの利便性向上のサービス拡充と、簡単に取り引きができる環境づくりを進めるとしている。

関連記事

関連カテゴリー

販促 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧