流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





コカ・コーラ/公式スマホアプリ「Coke ON」3000万ダウンロードを達成

2021年09月15日 10:30 / 販促

日本コカ・コーラは9月15日、同社の公式スマートフォンアプリ「Coke ON」のダウンロード数が、9月2日時点で3000万ダウンロードを突破したと発表した。

<「Coke ON」3000万ダウンロードを達成>
「Coke ON」3000万ダウンロードを達成

3000万ダウンロード突破を記念し、感謝を込めて、「Coke ON」サービスの開始時から9月26日までに、「Coke ON」でコカ・コーラ社製品を1本以上購入したことがある人全員で、3000万ダウンロード記念オリジナルスタンプを3000万個山分けしてプレゼントする「Coke ON 3000万ダウンロード達成記念キャンペーン」を実施する。スタンプの付与は9月30日予定している。

また、今年4月に実施し好評だった「毎週1本買ったら、1本無料キャンペーン」を10月4日~31日、キャッシュレス決済なら「Coke ONスタンプ2倍キャンペーン」を10月4日~11月30日までの期間に行う。

「毎週1本買ったら、1本無料キャンペーン」は、「Coke ON」アプリを使って初めて購入する人、または久しぶりに購入する人を対象に、毎週、好きなコカ・コーラ社製品を1本買うと、1本無料になるCoke ONドリンクチケットをプレゼントするもの。

「Coke ONスタンプ2倍キャンペーン」は、キャンペーン期間中に、「Coke ON Pay」もしくは「Coke ON IC」によるキャッシュレス決済でコカ・コーラ社製品を購入した際にもらえるスタンプが2倍になる。Coke ONスタンプは15個ためると、好きなコカ・コーラ社製品1本と交換できるドリンクチケットが1枚獲得できる。

「Coke ON」は、2016年4月のサービス開始以来、スタンプを15個ためて1本分のドリンクチケットを獲得できる基本サービスに加え、2018年には、歩くだけでドリンクがもらえる「Coke ON ウォーク」、2019年にはキャッシュレス決済機能の「Coke ON Pay」、2021年4月には、自販機サブスクリプションサービス「Coke ON Pass」などを展開してきた。

「Coke ON」に対応した自販機は、全国39万台を超える規模に拡大。「Coke ON Pay」は現在12の決済サービスに対応し、「Coke ON」を利用した購入の半数以上がキャッシュレス決済によるものだという。

関連記事

関連カテゴリー

販促 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧