小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

そごう千葉店/25億円を投資、体験型専門店館「ジュンヌ」オープン

そごう・西武は9月15日、そごう千葉店別館「JUNNU(ジュンヌ)」を、コト発想の体験型専門店館としてリニューアルオープンした。

<ジュンヌ>
ジュンヌ

投資額は、設備投資部分を含めて25億円で、2018年度の目標年商は90億円(2016年度対比約25%増)。

地下1階から地上4階の5フロア構成で営業面積1万6000m2、72区画を展開。9月15日に55区画がオープンし、2018年3月に72区画が完成する予定だ。

執行役員千葉店長の豊田隆信氏は、「ジュンヌは2005年に、渋谷109のような店を千葉に作ろうと若者に向けて作った専門店館だった。いまは年代ではなく、自分自身を楽しむとか、自分の生活を豊かにしたいといったニーズに対応したコト体験に消費がシフトしていることに着目した」とリニューアルの趣旨を説明する。

「お客同士でドリンクを片手におしゃべりを楽しみながら、洋服や雑貨、インテリアなどを楽しむことができる、コト発想の体験型専門店館を目指している」と語る。

<リニューアル後のフロア構成>
リニューアル後のフロア構成

コト消費を意識し、テナントの業種別構成比も一新した。旧ジュンヌ館と対比すると、ファッションは68%から41%に減少した。

一方で、雑貨は24%から35%、飲食は2%から7%、ビューティーは2%から5%、サービスは4%から12%に増加した。

豊田店長は「ファッションは約70%から40%へ減少しているが、雑貨もファッションの一つだ。洋服だけでなく、靴や鞄を含めたライフスタイルを提案したい。最近は、ドリンクもファッションの一部に位置付けられており、店内のどこでも気軽にドリンクをを楽しみながら買い物できる『ショッピング with ドリンク』というコンセプトを打ち出した」と語る。

<売場の各所にドリンクを飲める簡易カウンターを設置>
売場の各所にドリンクを飲める簡易カウンターを設置

「ショッピング with ドリンク」のコンセプトを受け、各フロアにカフェを設置した。地下1階にカフェ「ベリーズ」、1階正面入口に「スターバックスコーヒー」が出店。

<ベリーズ>
ベリーズ

<スターバックスコーヒー>
スターバックスコーヒー

2階にフレッシュジュース「アップルジンジャー」、3階にカフェ「カモスキッチン」、4階にケーキ・カフェ「ラ・メゾン アンソレイユターブル」がオープンした。

<アップルジンジャー>
アップルジンジャー

<カモスキッチン>
カモスキッチン

<ラ・メゾン アンソレイユターブル>
ラ・メゾン アンソレイユターブル

エスカレーター周りには、ドリンクを楽しめるカウンターテーブルも設置。スマートフォンやタブレット端末を充電できる電源も備え、店内でくつろげる環境を提案する。

<カウンターテーブル>
カウンターテーブル

次>>3階はコト消費体験型フロア

次へ> 1 2 3
関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧