小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ベイシア/コンパクトSuC「成田芝山店」ミールキット強化

ベイシアは9月13日、 千葉県山武郡芝山町に「ベイシアスーパーセンター成田芝山店(SuC成田芝山店)」 をオープンした。

<ベイシアスーパーセンター成田芝山店>
ベイシアスーパーセンター成田芝山店

SuC成田芝山店は、千葉20店目(全国143店目)の店舗で、日々進化するお客のニーズと地域のニーズに寄り添った品ぞろえを提供するコンパクトスーパーセンターの3号店となる。

ベイシアではこれまで売場面積1万m2超で、ワンフロアで衣食住をフルラインで販売するスーパーセンターを展開している。人口減少などの環境変化を受けて、2018年3月に千葉県勝浦市にオープンした「SuC勝浦店」(売場面積4912m2)から、売場面積5000m2~6600m2クラスのコンパクトスーパーセンターを出店している。

コンパクトスーパーセンターはまだ試行錯誤の段階で、SuC成田芝山店は、2019年6月に茨城県潮来市にオープンした「SuC潮来店」(売場面積6626m2)に続く3店舗目となる。

<店舗レイアウト>
店舗レイアウト

成田芝山店の売場面積は6636m2、うち直営売場面積は食品2505m2、衣料1122m2、住関連934m2となっている。店舗入口を1つにし、集中レジを採用することで、お客が店舗全体を回遊して買い物できる環境を整えた。

店舗入口左店には、100円ショップのセリアを誘致したことで、食品売場と衣料住関連売場の面積比率がほぼ1対1となるレイアウトを採用した。

<店内>
店内

生鮮食品、日配品、加工食品、菓子、酒、日用雑貨、家庭用品、ペット用品、ドラッグ(第2類・3類)、衣料品を展開する。

取り扱いアイテム数は、食品1万3400SKU、衣料298SKU、住関連1万6415SKU。商品構成比は、食品83%(生鮮40%、一般食品60%)、住関連10%、衣料7%。初年度目標年商は30億円を目指す。

芝山町、富里市、成田市を商圏として設定。1次商圏は半径5km・人口5万556人・2万1595世帯、2次商圏は半径10km・人口16万330人・5万9803世帯、3次商圏は半径15km・人口19万2180人・7万9107世帯を想定する。

<HanaCafe>
HanaCafe

店舗入口右手には、101席のイートインを有するフルーツ&ベーカリー「HanaCafe(ハナカフェ)」を配置した。ドライフルーツの詰め放題、インストアベーカリー、店内加工のスイーツ、旬のフルーツを使用したフレッシュジュース、ランチプレート、ラーメンといった食事メニューを提供する。

バイオーダーで、ハナカフェのできたての商品を楽しめるほか、惣菜売場などで購入した商品を食べることもできる。ハナカフェは千葉県内では、SuC勝浦店に続き2店目の導入となる。

ハナカフェは10月1日の軽減税率導入後も、店内飲食と持ち帰りで価格を統一し、税込価格表示を維持する。本体価格を変更することで、8%と10%の税率に対応する。メニュー価格も基本的に据え置きする方針だ。

<食品売場の入口>
食品売場の入口

食品の売場面積は2505m2で、ベイシアのスーパーマーケット業態であるベイシアフードセンターとほぼ同等の面積とした。品ぞろえも基本的に、ベイシアフードセンターを踏襲している。

<サラダバー>
サラダバー

壁面に惣菜売場を配置し、惣菜売場の脇で、島陳列を活用し青果売場を展開する。惣菜売場では、新たな取り組みとしてサラダバーを実験導入した。また、青果売場では、フルーツコッペパンを新規導入した。

<青果売場でフルーツコッペパンを展開>
青果売場でフルーツコッペパンを展開

惣菜は専門店の味を目標としており、本格的な味わいを伝えるため、既存惣菜商品を再編成した。専門店的なコーナーとして、「とんかつ工房万葉亭」「とりそうざい専門店千羽鶏」「海老料理処寿老舗」を展開する。

<惣菜は専門店化を推進>
惣菜は専門店化を推進

また、惣菜売場では、2018年11月にオープンした「ベイシア新座店」から開始した、スマホオーダーシステム「タッチdeデリカ」を導入している。

タッチdeデリカは、スマホで希望の商品を選択し、来店する前に事前注文でき、支払いはクレジットカードでスマホで完結できるシステム。お客は、注文した商品を受け取るだけで、待ち時間なく、買い物することができる。

<タッチdeデリカの紹介>
タッチdeデリカの紹介

初導入した新座店では、固定客も生まれているが、まだサービスの認知度は低いため、今後の利用者の動向を見極めたいという。

<O-easy SU-easyコーナー>
O-easy SU-easyコーナー

成田芝山店では、炊事にかかる時間が限られた主婦、食生活で健康を意識した高齢者、偏りがちな食事バランスを改善したい独身者などに向けて、簡単でリーズナブルなミールキットをそろえた「O-easy SU-easy(オイージースイージー)コーナー」を展開する。

<輸入食品・業務用食品コーナー>
輸入食品・業務用食品コーナー

地域特性を踏まえた品ぞろえとして、外国人居住者向けの食料品や飲食店向け業務用商品の品ぞろえを強化。輸入食品・業務用食品をコーナー化することで、お客に選びやすさと買いやすさを提供する。

店舗概要
所在地:千葉県山武郡芝山町岩山2299-1
TEL:0479-77-3777
建物構造:鉄骨造1階建
敷地面積:3万7209m2
延床面積:9089m2
売場面積:6636m2
営業時間:9時~20時
駐車台数:557台(正面407台、側面27台、後方123台)
駐輪場:6台
イートイン席:101席
従業員数:約100人(正社員24人、パート・アルバイト64人(8時間換算))

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧