メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ニトリHD/さいたま市「ニトリホームズ宮原店」にレディスアパレル「N+」

2021年06月14日店舗レポート

ニトリホールディングス傘下のNプラスは6月11日、埼玉県さいたま市に開業した「ニトリホームズ宮原店」1階に、レディスアパレル専門店「N+ ニトリホームズ宮原店」をオープンした。

<N+ ニトリホームズ宮原店>
20210614nplus 1 728x485 - ニトリHD/さいたま市「ニトリホームズ宮原店」にレディスアパレル「N+」

Nプラスは、「大人の女性」のための求めやすく、着心地もよく、気軽にカラーコーディネートが楽しめるアパレルブランド「N+」を展開している。年齢を重ねながらも若々しさや感性を失わない「大人の女性」が、さまざまなシーンに合わせて毎日着たいと思うファッションをカラーコーディネートで提案する。

<店舗入口のメインディスプレイ>
20210614nplus 2 728x485 - ニトリHD/さいたま市「ニトリホームズ宮原店」にレディスアパレル「N+」

Nプラスは2019年3月から、出店を開始しており、18店舗目の出店。売場面積は約330m2で、最大級の店舗面積となる。ニトリは、欧米の流通業を一つの手本としており、家具・ホームファッションの「ニトリ」業態を確立した。今回、ファッション専門店でも、欧米の専門店をベンチマークしながら、低価格帯で高品質な商品を提供する業態の確立を目指す。

<カラーコーディネートのしやすい商品を展開>
20210614nplus 3 728x485 - ニトリHD/さいたま市「ニトリホームズ宮原店」にレディスアパレル「N+」

メインターゲット層は、40代~50代までの女性で、働く女性が増えたことに着目し、忙しい日常の中でも短時間で買い物ができる工夫をした。

商品ディスプレイは、マネキンも活用し実際の着用シーンをイメージできるようにした。カラーコーディネートでは、例えば、白、黒、紫、黄色の色柄もののスカートに対して、白、黒、紫、のトップスを合わせた。

スカートと同系色をトップスに使用することで、コーディネートの知識がなくても、自然とカラーコーディネートを意識した買い合わせができる商品開発をしている。

<色調別に売場展開>
20210614nplus 4 728x485 - ニトリHD/さいたま市「ニトリホームズ宮原店」にレディスアパレル「N+」

売場展開では、白・黒・ベージュを基調とした商品、白・ブルーを基調とした商品、鮮やかな色彩の商品など、色調・色柄別に商品を配置した。ネットだけでなく、リアル店舗でも、好きな色調の売場で、コーディネートを楽しんで短時間で買い物を楽しめる売場を目指した。

<寒色系を基調とした商品>
20210614nplus 5 728x485 - ニトリHD/さいたま市「ニトリホームズ宮原店」にレディスアパレル「N+」

また、トータルコーディネートを目指す観点から、スカーフ、アクセサリー、雑貨も用意した。1店舗で、服飾雑貨を含めて、ワンストップショッピングでコーディネートできる工夫をした。現時点では、店舗数が少ないため、PB商品とNB商品を併売しているが、今後はPBの比率を高める計画だ。

<鮮やかな色調の商品>
20210614nplus 6 728x485 - ニトリHD/さいたま市「ニトリホームズ宮原店」にレディスアパレル「N+」

Nプラスの高橋陵社長は、「やはりNB商品では、色柄をコーディネートするのが、難しい。トータルコーディネートを深化させるため、ニトリグループの力を借りながら、OEM商品、PB商品を増やしていきたい」と語る。

<アクセサリーも販売>
20210614nplus 7 728x485 - ニトリHD/さいたま市「ニトリホームズ宮原店」にレディスアパレル「N+」

ニトリでは、ホームファニシングの寝装寝具、カバーリングなど生地を使用する商品もあるため、商品開発では、ニトリの生地のノウハウも活用している。また、Nクールなど接触冷感素材を活用したオリジナル商品も投入することで、N+だけの特色のある商品も展開している。

現在、ニトリでは、アパレル商品として、Tシャツ、短パンといったルームウェア、ワンマイルウェアを意識した、商品を展開している。一方、N+では、より大人の女性を意識した、キャミソールなどを展開することで、すみ分けを図っている。

<ヒット商品のマジックベルトパンツ>
20210614nplus 8 728x485 - ニトリHD/さいたま市「ニトリホームズ宮原店」にレディスアパレル「N+」

最近は、N+の独自商品でもヒット商品が登場している。例えば、「マジックベルトパンツ」(税込2990円)は、35歳~55歳までの女性の体形を調査し、年齢とともに訪れる自然な体系の変化があっても、きれいに見えるパターンを開発した。生地に伸縮性を持たせることで、体系の変化があっても、すきっりしたシルエットを作る。

<生地に伸縮性を持たせてすっきりシルエットを実現>
20210614nplus 9 728x485 - ニトリHD/さいたま市「ニトリホームズ宮原店」にレディスアパレル「N+」

一般的な美脚パンツは、価格が1万円を超えるものもあるが、N+では、税込2990円の価格を実現。累計販売本数が5000本を超えるヒット商品となり、アパレルでも「お値段以上、ニトリ」を目指す。

<同じ型でも必ず色柄物を展開>
20210614nplus 10 728x485 - ニトリHD/さいたま市「ニトリホームズ宮原店」にレディスアパレル「N+」

商品開発では、ベーシックな商品を中心に展開している。デザインは、コーディネートのしやすい無地の商品も多いが、必ず、柄物の商品を入れることを心掛けている。高橋社長は、「N+では、コーディネートを楽しむことを重視している。ベーシックなモノトーンの商品だけでなく、柄物の商品を入れることでコーディネートをしやすくしている」と語る。

例えば、ボトムズが柄物ならトップスは無地、トップスが柄物ならボトムズは無地という組み合わせをすることで、簡単にファッションコーディネートを楽しめる売場を目指している。

<必ずトップスとボトムズをコーディネートして陳列>
20210614nplus 11 728x485 - ニトリHD/さいたま市「ニトリホームズ宮原店」にレディスアパレル「N+」

一部の商品は、コレクション名を付して陳列し、商品群の中で、コーディネートができる商品も展開している。また、夏は「ブルー」「カーキ」「オレンジ」「さわやかなブルー」「モノトーン」の5つの色調を中心に商品を陳列している。

<N+ Tee Collection>
20210614nplus 12 728x485 - ニトリHD/さいたま市「ニトリホームズ宮原店」にレディスアパレル「N+」

プライベートブランドの商品の開発では、商品を売り切ることがポイントとなる。そのため、N+でも店舗の奥まったところにセール品コーナーを展開する。

現在、1カ月に1回は、新しい商品を投入するサイクルを確立している。基本的には2カ月程度をひとつの目安に、商品を販売する。現在、商品の中心価格帯は2990円、3990円としているため、来店頻度が比較的に高く、来店するたびに新しい商品がある売場を目指している。

<セール品コーナー>
20210614nplus 13 728x485 - ニトリHD/さいたま市「ニトリホームズ宮原店」にレディスアパレル「N+」

サイズ展開は、S・M・L・LLの4つを基本とし、一部商品は2サイズ展開、フリーサイズも展開している。商品開発では、ニトリ出身者とアパレル企業経験者が共同で知恵を出している。今後、ニトリグループが持つ年代別の購買データなども活用しながら、商品開発を強化していきたいという。今秋からは、靴のトライアル販売も開始する計画だ。

<試着室>
20210614nplus 14 728x485 - ニトリHD/さいたま市「ニトリホームズ宮原店」にレディスアパレル「N+」

試着室は、比較的ゆったりとした空間を採用した。洋服に合わせる試着用の靴も用意し、足元まで含めたコーディネートができる工夫もしている。現在、ECサイト、ニトリネットからもN+の商品を購入することができるため、店舗でサイズを確認して、ECで商品を購入することもできる。

今後、ニトリグループでは、衣類の分野においても、お客の立場に立って、より多くのお客に豊かな暮らしを提供することを目指し、アパレルブランド「N+」を積極的に展開する計画だという。

■N+ニトリホームズ宮原店
所在地:埼玉県さいたま市北区植竹町1-820-5
ニトリホームズ宮原店1階
売場面積:約330.58m2
営業時間:10時~20時

■N+公式通販サイト
https://www.nplus-netshop.jp/

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年11月29日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方