メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

三越伊勢丹/12月の売上1.1%増

2016年01月04日月次

三越伊勢丹ホールディングス(2015年3月期売上高:1兆2721億円)が発表した12月の売上速報によると、国内百貨店事業の合計売上高は前年同月比1.1%増となった。

先月から気温の高い状況が続き、冬物商戦としては厳しい状況だったが、首都圏三越伊勢丹は前年売上を上回った。

地方店も大都市圏を中心に盛り返し、国内百貨店事業計でも前年売上をクリアした。

商品別では、冬物の主力であるコートやセーター、スカートなどが未だ本格化しない中、ドレス、ブラウス、パンツなどは堅調に推移した。

引き続き好調な化粧品や装身具などの雑貨で売上をカバーした。

インバウンド売上は、首都圏、国内百貨店事業計ともに前年の約40%増となり、引き続き好調に推移した。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月26日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方