メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ニトリ/12月の既存店売上高は前年比8.0%増、全店14.1%増

2018年01月04日月次

ニトリ(2017年2月期売上高:5129億円)が発表した12月の月次売上高前年比は、既存店売上高が前年同月比8.0%増、客数8.3%増、客単価0.3%減となった。

全店は、売上高14.1%増、客数17.9%増、客単価3.2%減だった。

8店を出店、2店を閉店し、月末店舗数は465店となった。

12月度は、 新庄店(山形県)、イオン横手店(秋田県)、上尾丸広店(埼玉県)、港北東急店(神奈川県)、岩国店(山口県)、帯広店(北海道)、ラフレ初生店(静岡県)、八戸店(青森県)をオープンした。

例年より気温が低く推移し、こたつ関連商品と吸湿発熱素材を使用したあたたかい「Nウォーム」シリーズが好調に売上を伸ばした。特に、敷きパッド・毛布・ラグは前年を大きく上回り売上を牽引した。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年08月04日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方