メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

日本百貨店協会/9月の売上高駆け込み需要で23.1%増

2019年10月23日月次

日本百貨店協会が10月23日に発表した9月の全国百貨店売上高概況によると、全国の百貨店(調査対象78社・212店)の売上総額は約5153億円(前年同月比23.1%増)、2カ月連続プラスとなった。

<百貨店イメージカット>
百貨店

9月の売上高は、消費税率引上げを目前にした最終局面で駆込み需要が盛り上がり、23.1%増と高い伸びを示した。

また、前年の自然災害(台風・地震)による休業・営業短縮の反動増や各店で実施した改装効果も相まって、美術、宝飾・貴金属、高級時計、ラグジュアリーブランドなど高額商材を中心に業績を押上げた。

9月も台風の影響や土曜1日減などマイナス要素はあったが、駆込み需要の強さがカバーする構図で活況に推移した。

顧客別では、国内市場(シェア95.1%)が24.4%増(2か月連続)と二桁の伸びを見せた。インバウンド(シェア4.9%)も2.7%増(253億円)と2か月ぶりにプラス転換している。

地区別では、都市(10都市/24.5%増)・地方(10都市以外の地区/19.9%増)ともに2か月連続増で、対前年30%増を超えた神戸、札幌、大阪をはじめ、全都市・全地区で二桁増となった。

商品別でも、主要5品目全てで前年を超える結果となった。特に、高額品(美術・宝飾・貴金属/102.9%増)と化粧品(34.1%増)を含む雑貨(51.2%増)と、身のまわり品(32.6%増)が好調だった。

家具(46.3%増)、家電(82.8%増)を含む家庭用品(30.7%増/2か月連続)は、前回の消費増税前の実績(2014年3月/総売上高伸び率:25.4%増、雑貨:67.2%増、身のまわり品:38.6%増、家庭用品:39.1%増)に次ぐ高い伸びとなった。

主力の衣料品(19.2%増)は、コート等の重衣料や呉服などに動きが見られ、約2割増となった。

食料品(1.5%増)は、生鮮食品(2.3%減)が依然苦戦しているが、軽減税率の適用外となるワインなど酒類や食品催事が好調で、トータルでは前年実績を確保している。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月01日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方