小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

コンビニエンスストア/2月新型ウイルス影響でマスク・中食需要増

月次/2020年03月23日

日本フランチャイズチェーン協会が発表した2月度のコンビニエンスストア統計調査月報によると、既存店ベースの売上高8026億8200万円(前年同月比2.6%増)、来店客数12億5706万人(2.3%増)、平均客単価638.5円(0.3%増)だった。

閏年やキャッシュレス還元の効果に加え、新型コロナウィルスの影響により、マスクなど衛生用品、トイレットペーパーなど紙製品、パン類・惣菜・冷凍食品・デザートといった中食の需要が増加したことから、全店・既存店ともに売上高が前年を上回る結果となった。

全店ベースの売上高は8490億6400万円(2.8%増)、店舗数は5万5460店(0.3%減)、来店客数13億3348万人(2.4%増)、平均客単価636.7円(0.5%増)だった。

売上高は、全店は5ヶ月連続のプラス、既存店は2カ月連続のプラス。来店客数は、全店・既存店はともに5カ月ぶりのプラス、平均客単価は、全店・既存店はともに5カ月連続のプラスとなっている。

既存店ベースの商品別売上高は、日配食品前年同月比3.6%増、加工食品3.8%増、非食品3.6%増、サービス12.2%減だった。

既存店ベースの商品別売上構成比は、日配食品36.5%、加工食品26.8%、非食品30.9%、サービス5.8%。

調査の対象は、JFA正会員コンビニエンスストア本部7社。セイコーマート、セブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、山崎製パンデイリーヤマザキ事業統括本部、ローソン。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧