メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ラーメン・カレー・定食/11月既存売上高8社そろって減

2020年12月21日月次

関連キーワード:

ラーメン・カレー・定食8社が発表した11月の月次営業情報によると、既存店売上高は丸亀製麺6.2%減、王将フードサービス2.5%減、リンガーハット15.3%減、ハイデイ日高17.7%減、幸楽苑13.3%減、いきなりステーキ28.9%減、壱番屋10.2%減、大戸屋16.4%減だった。

小康状態にあった新型コロナウイルス感染者数が、過去最多を更新し、大都市圏では営業時間短縮が要請されるなど、事業環境が厳しくなっている。

■トリドールホールディングス(2020年3月期:売上高1564億円)
全業態既存店売上高6.6%減、客数9.2%減、客単価2.8%増。全店の売上高0.8%減。

うち丸亀製麺は売上高6.2%減、客数9.1%減、客単価3.2%増。

11月は開店6、閉店4、丸亀製麺店舗数861店、全店店舗数1063店。

■王将フードサービス(2020年3月期:855億円)
既存店の売上高62億8400万円(2.5%減)、客数609万8000人(9.2%減)、客単価1030円(7.4%増)。

全店の売上高65億100万円(0.8%減)、客数630万6000人(7.6%減)、客単価1031円(7.3%増)。

11月は出店0、退店1、11月末店舗数730店舗。

小康状態にあった新型コロナウイルス感染者数が、過去最多を更新し、東京都・大阪市他一部地域では感染拡大のリスク を踏まえた「営業時間短縮要請」が出されるなど、再び厳しい外食環境へと戻りはじめ、売上、客数ともに低調だった。

店外売上(テイクアウト・デリバリー)が前年同月比51.5%増と、前月対し10.1ポイント向上したことで売上を下支えしている。

■リンガーハット(2020年2月期:472億円)
既存店売上高15.3%減、客数15.5%減、客単価0.2%増。

うちリンガーハットは売上高16.9%減、客数16.5%減、客単価0.4%減。

浜かつは売上高8.2%減、客数8.5%減、客単価0.4%増。

全店売上高19.6%減、客数19.6%減、客単価0.0%。

11月は出店3、退店14、期末店舗数はリンガーハット663、浜かつ90、その他5、合計758店。

■ハイデイ日高(2020年2月期:422億円)
既存店売上高17.7%減、客数20.6%減、客単価3.7%増。

全店売上高18.2%減、客数21.5%減、客単価4.1%増。

出店0、退店2、店舗数437店。

■幸楽苑(2020年3月期:売上高382億円)
既存店売上高13.3%減、客数15.4%減、客単価2.5%増、店舗数425店。

全店売上高20.6%減、客数22.8%減、客単価2.8%増、店舗数443店。

11月の客数は、昨年の水害の影響により客数が減少したことの要因に加え、時間帯キャンペーンなどの様々な施策の効果もあり上期にくらべ改善が見られた。

新型コロナウイルス感染症対策として店内の混雑を回避するため、11月18日より、お得に食事を楽しめる2つの「時間帯別キャンペーン」(朝メニュー販促・ディナー早割)、平日限定の「学割セット」の販売を開始した。

11月12日より、幸楽苑初となる食べ放題サービスを全国7店舗限定で実施している。

平田牧場とコラボレーションした新商品「三元豚チャーシューめん」「三元豚餃子」を11月26日~12月23日期間限定で販売している。

■ペッパーフードサービス(2019年12月期:売上高675億円)

レストラン事業の既存店売上高12.4%減、客数18.3%減、客単価7.2%増。

全店の売上高12.4%減、客数18.3%減、客単価7.2%増、国内店舗数15店。

いきなり!ステーキの既存店売上高28.9%減、客数21.4%減、客単価9.5%減

全店売上高52.5%減、客数47.6%減、客単価9.4%減、国内店舗数316店。

11月2日~12月13日まで、いきなりステーキ全店で国産牛フェア(国産リブロース・国産サーロインをグラム1円引き1g12円⇒1g11円)を実施した。

11月10日より豪華洋風おせちの予約受付を開始した。

■壱番屋(2020年2月期:売上高514億円)
既存店売上高10.2%減、客数12.2%減、客単価2.3%増

全店売上高10.5%減、出店3、退店4、店舗数1480店

客数は、新型コロナウイルスによるマイナス影響に加え、前年に実施したキャンペーンやテレビCMの反動などにより、前年同月比12.2%減となった。

客単価は、店内飲食客数が減少した反面、単価の高い宅配売上の構成比が増加したことにより、2.3%増だった。12月1日から1月11日まで、「劇場版ポケットモンスターココ」とのコラボキャンペーンを行っている。

■大戸屋(2020年3月期:245億円)
既存店売上高16.4%減、客数16.1%減、客単価0.4%減、店舗数304店。

全店売上高21億3854万円(21.7%減)、店舗数318店。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年09月25日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方