メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ラーメン・カレー・定食/3月既存店売上丸亀製麺10.4%増、王将フード5.8%増

2022年04月26日月次

関連キーワード:

ラーメン・カレー・定食8社が発表した3月の月次営業情報によると、既存店売上高は丸亀製麺10.4%増、王将フードサービス5.8%増、リンガーハット6.0%増、ハイデイ日高18.1%増、幸楽苑2.8%減、いきなりステーキ4.5%減、壱番屋0.5%減、大戸屋16.1%増だった。

■トリドールホールディングス(2021年3月期:売上高1347億円)
全業態既存店売上高9.4%増、客数5.9%増、客単価3.3%増。
全店の売上高9.4%増。

うち丸亀製麺は売上高10.4%増、客数6.2%増、客単価3.9%増。

■王将フードサービス(2021年3月期:806億円)
既存店の売上高66億5200万円(5.8%増)、客数615万人(3.2%増)、客単価1082円(2.7%増)。

全店の売上高68億3300万円(7.6%増)、客数632万6000人(5.2%増)、客単価1080円(2.3%増)。

3月は出店1、閉店0店、3月末店舗数732店舗。

3月22日にまん延防止等重点措置が全国で解除され、約2カ月半ぶりに全店舗が通常の営業を再開することができた。

そうした中で、直営全店売上高、既存店売上高は、前年同月と比べて高い伸び率となり、コロナ禍前の2019年3月の売上を上回って同月比過去最高売上を記録した。

直営全店売上高の内訳としては、店内売上が44億4200万円(5.7%増)、テイクアウト・デリバリー売上が23億9100万円(11.4%増)と、ともに前年を大きく上回っている。

直営110店舗が3月1日から3月3日までの期間限定で合同折込チラシを実施し、生餃子セールを開催。実施店舗のセール期間中の生餃子販売数は前年同曜日対比で137.5%増と、生餃子の売上を大きく引き上げた。

直営店舗でのデリバリーサービス実施店舗を昨年3月の366店舗から449店舗に拡大した結果、3月のデリバリー売上は前年同月比で42.1%増と大幅に増加している。

■リンガーハット(2022年2月期:339億円)
既存店売上高6.0%増、客数1.2%増、客単価4.7%増。

うちリンガーハットは売上高6.6%増、客数1.5%増、客単価5.1%増。

浜かつは売上高3.5%増、客数0.5%減、客単価4.0%増。

全店売上高5.1%増、客数0.3%増、客単価4.8%増。

3月は出店0、退店2、期末店舗数はリンガーハット596、浜かつ84、その他6、合計686店。

■ハイデイ日高(2022年2月期:264億円)
既存店売上高18.1%増、客数15.4%増、客単価2.3%増。

全店売上高20.6%増、客数17.5%増、客単価2.7%増。

全店売上高の2021年2月期3月との比較は、15.7%減。

出退店0店、店舗数442店。

■幸楽苑(2021年3月期:売上高265億円)
既存店売上高2.8%減、客数0.0%、客単価2.8%減、店舗数415店。

全店売上高6.4%減、客数3.2%減、客単価3.3%減、店舗数423店。

3月21日をもってまん延防止等重点措置が全面解除となり、売上高・客数は徐々に回復傾向となり、客数は前期比0.0%で着地した。なお、3月16日には福島県沖で大型の地震があったものの、軽微な影響で済んだという。

福島県に「焼肉ライク 郡山栄町店」、宮城県に「焼肉ライク 仙台広瀬通店」をオープンした。

■ペッパーフードサービス(2021年12月期:売上高189億円)
いきなり!ステーキの既存店売上高4.5%減、客数14.2%減、客単価11.3%増。
全店売上高18.6%減、客数26.6%減、客単価11.0%増、国内店舗数219店。

レストラン事業の既存店売上高12.1%減、客数21.5%減、客単価12.0%増。
全店売上高13.7%減、客数20.3%減、客単価8.2%増。国内14店舗。

3月17日より、いきなり!ステーキの一部店舗にて、「大豆ミート入ワイルドハンバーグ」のテスト販売を開始した(200グラム税込み700円、300グラム920円)。

3月29日、いきなり!ステーキ全店にて、当日限定で「肉の日 お食事ポイント3倍」のキャンペーンを実施した。

■壱番屋(2022年2月期:売上高450億円)
既存店売上高0.5%減、客数0.4%増、客単価0.9%減。

全店売上高1.6%減、出店2、退店0、店舗数1463店。

客数は、3月後半より営業時間の短縮要請がなくなったことから徐々に回復傾向にあり、前年同月比0.4%増となった。客単価は、昨年販売した期間限定メニューの反動により0.9%減だった。

■大戸屋(2021年3月期:161億円)
既存店売上高16.1%増、客数13.3%増、客単価2.5%増、店舗数292店(FC店165店)。

全店売上高22億919万円(11.1%増)、店舗数300店(FC店170店)。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年05月26日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方