流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ファミリーレストラン/7月既存店売上すかいらーく18%増、サイゼリヤ24%増

2022年08月23日 11:40 / 月次

ファミリーレストラン主要5社が発表した7月の月次営業情報によると、既存店売上高はすかいらーく18.0%増、サイゼリヤ24.0%増、セブン&アイ・フードシステムズ(デニーズ)20.9%増、ジョイフル16.4%増、ロイヤルホスト21.6%増となった。

既存店売上高前年同月比 全店売上高前年同月比
すかいらーく 18.0%増 17.0%増
サイゼリヤ 24.0%増 23.8%増
デニーズ 20.9%増 16.9%増
ジョイフル 16.4%増 14.7%増
ロイヤルホスト 21.6%増

客数は、すかいらーく16.3%増、サイゼリヤ16.2%増、セブン&アイ・フードシステムズ18.0%増、ジョイフル10.4%増、ロイヤルホスト19.1%増だった。

客単価は、すかいらーく1.4%増、サイゼリヤ6.7%増、セブン&アイ・フードシステムズ2.5%増、ジョイフル5.4%増、ロイヤルホスト2.1%増となっている。

■すかいらーくホールディングス(2021年12月期:売上高2645億円)
既存店売上高は18.0%増、客数16.3%増、客単価1.4%増。全店売上高17.0%増。

2019年比既存店売上高11.9%減。

上旬は6月のキッズ99円キャンペーンの残存効果や歴史的に早い梅雨明けの影響もあり、客数は比較的順調だった。しかし、中旬以降は感染者数の急増を受け、出控え傾向が顕著になっている。

時間帯別では、コロナ第7波報道の増加を受け、月末にかけて特に18時以降の客数が落ち込んだ。

地域別では、キッズ99円キャンペーン終了後、低単価支払い層の反応が大きかった地方での客数が減少した。

客層別でみると、キッズ99円キャンペーン実施前と比べると、低単価支払い層や30代~40代男性女性の客数減少は比較的緩やかになった。コロナ第7波の報道を受け、今まで好調だったシニア層の出控えが再び顕著になっている。

店舗面ではリモデル31店舗、転換2店舗(バーミヤン2店)、新規出店はなくグループ計3085店舗。

■サイゼリヤ(2021年8月期:売上高1265億円)
既存店売上高24.0%増、客数16.2%増、客単価6.7%増。店舗数1032店。

全店売上高23.8%増、客数16.2%増、客単価6.6%増。店舗数1074店。

休業5店、閉店3店だった。

「テークアウト客数=テークアウト売上高÷イートイン平均客単価」に基づき算出した客数を、テークアウトによる客数として加味している。

■セブン&アイ・フードシステムズ(2022年2月期:売上高447億円)
デニーズ
既存店売上高20.9%増、客数18.0%増、客単価2.5%増。

全店売上高16.9%増。

■ジョイフル(2021年6月期:売上高476億円)
既存店売上高16.4%増、客数10.4%増、客単価5.4%増。

全店売上高14.7%増、客数8.7%増、客単価5.5%増。

出退店0、店舗数合計571店。

■ロイヤルホールディングス(2021年12月期:外食事業450億円)
ロイヤルホスト
既存店売上高21.6%増、客数19.1%増、客単価2.1%増。

■前月の営業概況
ファミリーレストラン/6月既存店売上すかいらーく26%増、サイゼリヤ36%増

関連記事

関連カテゴリー

月次 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧