小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

2019年のアジア越境EC/物流・カート・広告の分析と予測、12月11日開催

インタースペース、スターフィールド、ECMSジャパンは12月11日、「2019年のアジア越境ECはこうなる!~物流・カート・広告の専門家による分析と予測~」を開催する。

越境ECは、次々と新たなサービスが開発されたり、ブームが沸き起こったりと、動きが早い業界。

その中でも新年は、各国の規制や制度が変更になることが多く、業界動向には特に注意が必要となる。

そこで、物流、カート、広告の専門家が各業界の最新状況と情報を踏まえて、2019年の業界予測を行う。

■開催概要
日時:2018年12月11日(火)15:00(開場14:30)
会場:インタースペースセミナールーム(東京都新宿区西新宿2-4-1新宿NSビル8階)
定員:40名(1社2名まで)
料金:無料
対象:すべての企業
(個人事業主、同業他社はお断りさせて頂いております。予めご了承ください)

■申込・詳細
https://www.ecmsglobal-jp.com/seminar20181121

■プログラム
第一部 セミナー(45分)15:00~15:45
「2019年中国の越境EC制度はこう変わる!今から出来る対策とは?」
・EMSよりも安い海外配送スキームが必要な理由
・2019年中国越境EC制度の傾向と対策
講師:小松英樹(ECMSジャパン 代表取締役)

第二部 セミナー(30分)15:50~16:20
「アジアに強い越境EC専門カート 『LAUNCH CART』越境ECに求められるカートとは」
・越境ECと国内ECで必要な機能はこんなに違う
・アジア各国で求められる機能の特徴
・LaunchCart紹介
講師:橋本 宏基(スターフィールド 越境ECプランナー)

第三部 セミナー(30分)16:25~16:55
「【台湾でアフィリエイト広告出稿】今、広告主に求められるものとは?」
・台湾アフィリエイトの今
・台湾進出時広告主に求められる3つのポイント
・台湾の次に注目したい東南アジア諸国
講師:山岡謙志(インタースペース)

第四部 個別相談会(35分)16:55~17:30

■講師
ECMSジャパン 
代表取締役
小松 英樹
1995年日本通運入社。国際航空貨物部門営業職、7年間の中国駐在を通じ、日中物流のプロフェッショナルとして活躍。
2016年 越境EC物流のイノベーターであるECMSの日本法人代表取締役に就任。
越境EC及びインバウンドに特化した国際宅配サービス「B2Cダイレクト」を開発し、日本企業の越境EC物流、インバウンド物流を多角度からサポートしている。
2018年度ジェトロ(電子商取引分野)新輸出大国エキスパート。

スターフィールド
ECマーケティングプランナー 
橋本 宏基
1984年香川県生まれ。早稲田大学第一文学部哲学専修卒。
中東へ日本文化を普及する活動、豆腐屋、八百屋を経て、現在はスターフィールドで、あらゆる日本企業を世界進出させるべく越境ECの普及に力を注ぐ。
特に中国向けECのプランニング、マーケティングを担当している。

インタースペース 
パフォーマンスマーケティング事業部Eコマースグループ 
山岡 謙志
インタースペースのアフィリエイト局Eコマースグループに所属。
主にコスメ・健康食品の国内PR・台湾PRをサポートしている。
アフィリエイト広告で台湾越境ECの市場を盛り上げるため、
全国各地で広告主向け・アフィリエイター向けの台湾越境セミナーを開催している。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧