小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

コスト削減の手法、AIによる業務最適化を解説、11月20日(無料)

セミナー/2019年10月24日

大興電子通信は11月20日、流通業における利益拡大のためのコスト削減・業務効率化の秘訣をテーマにした無料セミナーを開催する。

消費税引き上げに伴う消費の冷え込みや、人件費の高騰などにより、企業はさらなる「コスト削減」と「業務効率化」が求められている。

セミナーでは、大手流通業の取り組み事例を元に、間接材領域の最適化によるコスト削減や、AI技術を用いたOCRによる業務効率化を紹介する。

■開催概要
日時:11月20日(水)14:30~17:00(受付14:00~)
会場:クロスコープ新橋 セミナールームA
所在地:東京都港区新橋1-1-3 アーバンネット内幸町ビル3階
アクセス:JR「新橋駅」日比谷口より徒歩4分
都営三田線「内幸町駅」A5出口より徒歩2分
https://crosscoop.com/office/shimbashi/access
受講料:無料
主催:大興電子通信
共催:富士通コワーコ、NTT東日本
対象:経営者、役員、管理部門、総務部門、業務改善部門、情報システム部門
定員:50名(定員になり次第締め切り)
※申込み状況によっては、同業他社の参加を断る場合がある
締切:11月19日(火)

■詳細・申込み
https://www.daikodenshi.jp/event/20191120/

■プログラム
14:35~15:15 特別講演
利益拡大に向けた「間接材調達適正化」の有効性とは
講師:アドバンテージ・パートナーズ代表取締役 下山正義氏

利益拡大の手法としては、売上の増加もしくは、コストの削減の手法の2つの方向性がある。後者において、間接材調達適正化は、非常に有効な手段となる。

講演では、コスト削減の観点から、間接材の基礎/調達領域の適正化の考え方をふまえて、利益拡大につながる方法を紹介する。

15:30~16:10 第一部
流通事例からみる間接材におけるコスト削減の取り組み
講師:富士通コワーコ

調達業務の中でも「間接材」という領域は、全体像がつかみにくい分野となる。コスト削減以外にも、コンプライアンスや内部統制の観点、業務効率化やシステム費用の削減など、さまざまな切り口で大きな効果が期待できる領域にも関わらず、放置されがちだ。

「本気でコスト削減に取り組む」ために、流通業界のコスト削減の取り組みについて、具体的な事例を交えて紹介する。

16:10~16:50 第二部
AI技術を用いた業務最適化ソリューション「DAiKO OCR with AI inside」
講師:大興電子通信、NTT東日本

ペーパーレス化の取り組みが進んでいるにも関わらず、流通業界ではいまだに「紙」を使った定型業務が非常に多い現状がある。

業界最高の読み取り精度をほこるOCR技術で、「紙」を使った定型業務の効率化を実現できるソリューション「DAiKO OCR with AI inside」をデモを交えて紹介する。

■問い合わせ
大興電子通信 リテール営業部
担当:内山・土居
TEL:03-3266-8134
FAX:03-3266-8774
retail-share@daikodenshi.co.jp

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧