小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

東急ハンズ/武蔵小杉東急スクエアに小型店

東急ハンズは4月1日、川崎市の東急武蔵小杉駅直結の商業施設「武蔵小杉東急スクエア」内に、「ハンズビー武蔵小杉東急スクエア店」をオープンした。

<ハンズビー武蔵小杉東急スクエア店>

女性だけでなく、駅利用者や武蔵小杉を生活圏とするファミリーや男性の利用を想定した店舗。ヘルス&ビューティ、ステーショナリー、ハウスウェア、シーズン&ライフスタイルの4カテゴリーを展開する。

<ヘルス&ビューティー売場>

<ドコモのスマートフォンアクセサリーを強化>

武蔵小杉東急スクエア内には、ドコモショップが出店するため、通常は取扱の少ないドコモのスマートフォンアクセサリーを強化。

ドコモショップと並行する形で、スマートフォンアクセサリーを展開。スマートフォンアクセサリーは強化分野で、通常の店舗の3倍の品ぞろえとした。

<スキンケアコーナーのテスター>

主力のヘルス&ビューティー売場では、オーガニックコスメなどスキンケア商品を充実させた。化粧品やスキンケア商品は高額商品であっても、すべてテスターを設置し、商品に納得した上で、購買してもらう工夫をした。

<ふたが保冷剤となっているお弁当箱>

新入学シーズンやゴールデンウィークの行楽にあわせ、お弁当箱や水筒などを集積した「ハンズランチ編集部」を設置。今年は、ふたが保冷剤となっており、ゴムバンドで束ね、ペットボトルとお弁当を同時に冷やせる商品が注目だという。

<くまもんのマスキングテープ>

文房具売場では、使用する位置によって、くまもんの表情が異なるマスキングテープを展開。話題性のある商品も取り入れた。

<人気商品のネイルシール>

ハンズビーでは、全店で爪に張るだけで、簡単にネイルアートが楽しめるネイルシールが好調なため、武蔵小杉店では、40アイテムをそろえた。

<店長一押しの伸びるバナナ>

店長によると、ゴムでできていて伸びるバナナをつかんで伸ばすだけのように、気軽に継続できる健康器具が人気。手軽に軽い運動ができるため、職場や自宅用に購入する人が多いという。

店舗概要
出店地:神奈川県川崎市中原区小杉町3
交通:JR南武線東急東横線/目黒線武蔵小杉駅直結
店舗面積:約350㎡
営業時間:10時~21時

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧