小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

森ビル/虎ノ門に3棟超高層タワー開発で、2.6万m2の商業エリア創出

森ビルは4月13日、虎ノ門ヒルズの隣接地に3棟の超高層タワーを開発すると発表した。

<虎ノ門ヒルズエリア全体像>
虎ノ門ヒルズエリア全体像

虎ノ門ヒルズの両側にオフィスを中心とした(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー(2019年度竣工予定、地上36階地下3階)と、住宅を中心とした(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー(2019年度竣工予定、地上56階地下4階)、桜田通りを挟んだ西側に、東京メトロ日比谷線虎ノ門新駅(仮称/2020年度供用開始)と一体開発する(仮称)虎ノ門ヒルズ ステーションタワー(2022年度竣工目標)を建設する。

<(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー>
(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー

<低層部>
低層部

新たな3棟の超高層タワーが加わることで、虎ノ門ヒルズは区域面積7.5ha、延床面積80万m2に拡大。約30万m2のオフィス、約800戸のレジデンス、約26,000m2の商業店舗、約350室のホテル、約15,000m2の緑地空間を備え、道路や鉄道などの交通インフラとも一体化した複合都市となる。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧