小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ファミリーマート/熊本県に本部社員延べ800人が応援

ファミリーマートは4月30日12時現在、熊本地震による熊本県内の店舗の営業状況を発表した。

熊本県内164店のうち、163店は、既に営業を再開しており、設置済みのATMにも通信回線の復旧にともない、全台稼働している。

また、道路交通事情等の改善により、物流面もほぼ通常どおりの体制となっている。

営業支援のため、派遣した本部社員は延べ約800名を超えている。

人員と商品を集中的に送り込んだ結果、24時間営業店舗は90%を超えており、今後も本部社員の派遣等も行い、全店通常体制による営業と新規店舗の開店に向け取り組む。

5月12日に開店予定は、熊本島崎4丁目店(熊本市西区)、熊本本荘4丁目店(熊本市中央区)。

今後開店を予定している店舗は、熊本小峯二丁目店(熊本市東区)、阿蘇市役所前店(熊本県阿蘇市)、熊本高遊原店(上益城郡益城町)。

ココストア、エブリワンは、熊本県内(44店)は、全て営業再開をしており、中京地区において、ファミリーマートへのブランド転換の目処が立ったことから、当該地区の本部社員(のべ約200名)も熊本県に派遣し、継続して営業支援を行っている。

なお、大分県内はすべて通常営業となっている。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧