メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

野村不動産/静岡駅前再開発事業に参画

2016年09月08日店舗

野村不動産と旭化成不動産レジデンスは9月7日、JR静岡駅前で市街地再開発事業の検討を進めている紺屋町・御幸町地区市街地再開発準備組合と協定書を締結し、「紺屋町・御幸町地区市街地再開発事業」の事業化を目指して参画すると発表した。

<計画地>
計画地

計画地は、商業、業務、行政等の都市機能が高度に集積する静岡駅北口の中で、国道一号線を挟み静岡駅に面しており、静岡市内の賑わいの軸である商店街(呉服町通り)に面する立地であることから、静岡市の「顔」であり、交通とにぎわいの拠点となる立地特性を有している。

計画地の位置付けを踏まえた上で、その優れた立地特性に相応しい、商業施設やホテル、都心居住型の住宅等の都市機能を備えたまちづくりを検討するため、2015年6月に市街地再開発準備組合が設立された。

今後は都市計画決定を経て、早期の本組合設立を目指す。再開発の施行区域や再開発施設の用途や規模などは今後、権利者や行政の皆様と協議するが、静岡駅前という立地にふさわしい合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を図る。

デベロッパーとして培った街づくりのノウハウを最大限活用し、駅前かつ複合再開発のポテンシャルを十分に活かし、権利者や行政と共に、静岡駅前の新たなランドマークとなるまちづくりに協力するという。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月28日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方