流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ビゴの店/プランタン銀座創業時からのフランスパン専門店、リニューアル

2017年03月14日 13:48 / 店舗

日本にフランスパンを伝えた店と言われる「ビゴの店」は3月15日、「マロニエゲート銀座2」の「ビゴの店 銀座店」をリニューアルオープンする。

<ビゴの店 銀座店>

ビゴの店 銀座店は1984年のプランタン銀座の創業時から残る唯一のフランスパン専門店で、今回、プランタン銀座がマロニエゲート銀座2に一新するのにあわせて、リニューアルオープンする。

<店内>

創業者のフィリップ・ビゴ氏は「パンはフランス人にとっては毎日食べる命そのもの」と語る。そのため、商品の価格は手ごろな値段に設定している。

<レジ前にフランスパン>

フランスパン(1本)は200円~400円、バゲット・バタールは300円代が中心価格、デニッシュ系は100円~400円程度、カンパーニュ系のパンでも1000円程度の価格設定としている。平均買上げ点数は4~5点で、平均客単価は1500円~2000円程度となっている。

<スイーツコーナーを併設>

フランスパンのほか、ケーキを中心にスイーツもなど、常時100種類程度の商品を展開。商品構成比はパン80%、ケーキ20%程度。

<スイーツ>

次>> 創業時からの来店客がファンになっている

次へ> 1 2

画像ギャラリー

関連記事

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧