小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イオン/旧イズミヤ検見川浜店をシニア向けイオンスタイルに一新

イオンリテールは11月23日、新店では初となるグランド・ジェネレーション(以下:G.G)コンセプト店舗として「イオンスタイル検見川浜」をグランドオープンする。

同店は、1973年以降に団地やマンションが分譲された「海浜ニュータウン」内のJR検見川浜駅前に立地している。店舗から500m圏内にはマンション戸数約6600戸があり、入居時30代前後だった60~70代が多く住んでいる。「G.G」とは、イオンが提唱するシニアに代わる世代の考え方で、若々しく年齢を重ね、ゆたかな知識と経験を持ちながら、人生をさまざまスタイルで楽しんでいる時代の年長者を指す。

こうした中、検見川浜のG.G住民に日頃、関心があることや好きなことを聞いたところ、自身の健康や友人とのコミュニケーションとの意見があった。そこで同店は「健康」「コミュニティ」をキーワードに商品・サービスを提案する。

「健康」では、減塩商品の展開を充実したほか、野菜ソムリエが旬の野菜でメニューを提案する。

みそやしょうゆなど調味料26品目をコーナー展開するほか、減塩しょうゆを使用した煮物などの和総菜は6品目、水産売場でも減塩の干物を品ぞろえするなど、「減塩食生活」をラインアップした。

また、旬の野菜や果物の栄養バランスを考えたメニューやおいしい食べ方など、野菜ソムリエが紹介する。野菜ソムリエおすすめのレシピは、持ち帰れるよう専用コーナーを設置する。

<ステッキや帽子、ショルダーバッグの外出スタイルをまとめた>
ステッキや帽子、ショルダーバッグの外出スタイルをまとめた

さらに、ステッキや帽子、ショルダーバッグの外出スタイルをまとめて展開。帽子はSSサイズも品ぞろえする。レディスパンツはストレッチ素材が9割と快適さも追求。血管年齢や体組成、血圧を毎日いつでも無料で測定できるコーナーを展開し、測定結果を薬剤師など専門スタッフがアドバイスする。

「コミュニティ」テーマの施策として、傷のついてしまった床や壁の補修、電球の取り換えなど、約70種類の暮らしのメンテナンスメニューを専門スタッフが自宅に訪問し対応する。「御用聞き」カウンターも店内に設置するほか、電話でも受け付ける。

地下一階の薬局では、イオン初となるコミュニティスペースを隣接展開。薬以外の健康・福祉に関する情報をご提供するほか給茶機も用意し、くつろぎ空間として利用できる。

そして、店内で焼き上げた100円、150円均一のパンやしらすを使用した「モーニング丼」などをそろえ、40席のイートインも用意した。

お酒の売場では、日本酒の品ぞろえに特化し、約160品目に加え、季節のお酒や蔵元直送の生酒を展開。また、厳選した千葉県の地酒を約120品目品ぞろえし、日本酒のおいしさを提案する。このほか、ワイン売場ではイオンのワイン専門輸入商社「コルドンヴェール」直輸入ワインを中心に約600品目のワインを取りそろえる。

<厳選した千葉の地酒120品目を一堂に展開>
厳選した千葉の地酒120品目を一堂に展開

検見川浜の300名の従業員が「認知症サポーター」の資格を取得、高齢者や認知症のお客をサポートする。

「イオンの即日便」を導入。店舗で購入した商品を自宅まで届ける宅配サービスで、例えば、健康のためにウォーキングで店に来て、買物をし、手ぶらウォーキングして帰宅できるスタイルを提案する。特に足元エリアには、G.Gが多いことから、受付後1時間配送を行う。このほか、1日10便体制で、午前12時まで1時間単位で6便、午後は4便の配送体制で運営する。

「お買いものバス」は、磯辺・打瀬、検見川町の2ルートで運行する。イオンカード・WAONカードの提示で無料で利用できる。乗り降りがしやすいワンステップの小型バスを採用している。

<専門店一覧>

■イオンスタイル検見川浜
所在地:千葉県千葉市美浜区真砂4-2-6
専門店数:29店舗
敷地面積:約6250m2
SC面積:約1万4680m2(直営:約9650m2、専門店:約5030m2)
駐車台数:127台
駐輪台数:242台
営業時間:地下1階 日用品、医薬品、化粧品 9:00~22:00
1階 食品、銘店、リカー 7:00~23:00
2階 衣料、服飾 9:00~22:00
3階 ホームコーディ 9:00~22:00
4階 スポーツ用品、フィットネス 9:00~22:00
(一部の売場・専門店、イベントスペースは営業時間が異なる)
休業日:年中無休

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧