小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

東京ミッドタウン日比谷/地下鉄直結の商業施設、新産業創出も支援

三井不動産は1月30日、東京都千代田区に今春オープンする「東京ミッドタウン日比谷」の竣工式を行った。

<東京ミッドタウン日比谷>
東京ミッドタウン日比谷

3月29日にグランドオープン予定の「東京ミッドタウン日比谷」は、日比谷エリアの「国際ビジネス/芸術文化都心の街づくり」の中核を担うプロジェクト。

商業フロア(B1~7階)、「Business Hospitality」をコンセプトとしたオフィスフロア(9~34階)からなる地上35階、延床面積18万9000m2の大型複合施設で、シネマコンプレックス「TOHO シネマズ 日比谷」を含む60店の出店を予定している。

<「国際ビジネス/芸術文化都心の街づくり」中核プロジェクト>
「国際ビジネス/芸術文化都心の街づくり」中核プロジェクト

地下1階の日比谷アーケードは、地下鉄日比谷線・千代田線日比谷駅直通で、周辺の日比谷シャンテ(地下2階)にも直結している。

<地下鉄日比谷線・千代田線日比谷駅直通>
地下鉄日比谷線・千代田線日比谷駅直通

かつて日比谷の象徴であった「三信ビルディング」の一部部材を活用した、モダンなデザインで再構築することにより、街の記憶を継承した。

<地下1階の日比谷アーケード>
地下1階の日比谷アーケード

1階には、千代田区有地と一体的に整備された日比谷ステップ広場(約3600m2)を、日比谷エリアの賑わいの中心を目指し設計した。

<日比谷ステップ広場>
日比谷ステップ広場

また、流通、ビジネス用途にとどまらず、新産業創出の支援や、日比谷公園をはじめとする周辺の劇場・映画館と連携した芸術文化発信の実現を目指している。

6階には、国際ビジネスの街づくりの一環として、「BASE Q」を開設。

企業内の起業家であるイントレプラナーを中心に、大手企業とベンチャーの探索、マッチング、育成など、新たな価値の創出と社会課題の解決を目指す人々が集う交流拠点として、4月から始動する。

会員制コミュニティスペース「Q LOUNGE」は、「QからAを探索する空間」をコンセプトに空間設計。

<Q CAFE>
Q CAFE

「BASE Q」に集う人々の交流を促すカフェ「Q CAFE」(約100席)や食を起点とした交流・発信スペース「Q KITCHEN」(面積約90m2、約30席)、幅広い用途に使用できる「Q STUDIO」(面積約50m2)を設置した。

<Q KITCHEN>
Q KITCHEN

また、6月からは、同社と電通、EY Japanの3社が連携し、大手企業に対し、ベンチャー企業などと連携したビジネス創出活動を伴走型で支援する「(仮称)オープンイノベーションプログラム」を提供する予定。

さらに、芸術文化都心の街づくりでは、日比谷から世界へ発信する観劇の祭典「Hibiya Festival」を4月26日から5月20日まで開催する。オープニングショーとシンボルオブジェは、宮本亜門氏が手掛ける。

<三井不動産の菰田正信社長>
三井不動産の菰田正信社長

1月30日に行われた竣工記者会見で、三井不動産の菰田正信社長は、「霞が関、丸の内、銀座といった特長的なエリアの結節点である日比谷で、緑と水に恵まれたプレミアムな複合施設として運営する。オフィスのリーシングも好調に推移しており、歴史と文化を継承し、国際競争力を強化できる新施設として、さらなる発展を目指す」と話した。

<6階パークビューガーデン>
6階パークビューガーデン

■東京ミッドタウン日比谷 日比谷三井タワー
住所:東京都千代田区有楽町1-1-2
交通:東京メトロ日比谷線、千代田線「日比谷」駅 A11出口 直結
(A11出口は2月1日より開通、利用可能)
都営地下鉄三田線「日比谷」駅 直結
東京メトロ丸ノ内線、日比谷線、銀座線「銀座」駅 直結(徒歩5分)
主要用途:事務所、店舗、文化交流施設、産業支援施設、駐車場など
敷地面積:約1万700m2
延床面積:約18万9000m2
階数:地上35階、地下4階、ペントハウス1階
最高高さ:約192m
店舗数:60店舗
https://www.hibiya.tokyo-midtown.com/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧