小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

フレスタ/広島県尾道市にグローサラント型イートイン併設店舗

フレスタは3月16日、広島県尾道市の商業施設「瀬戸田サンプラザ」を「フレスタモールカジル瀬戸田」にリニューアルオープンする。

<フレスタモールカジル瀬戸田>
フレスタモールカジル瀬戸田

3月1日にフレスタホールディングスグループの傘下にある三原スーパーから、小売事業に関して有する権利義務を分割吸収したことにより、瀬戸田サンプラザを運営している協同組合せとだサンプラザから、施設売却の打診を受け合意したため、施設をリニューアルするもの。

スーパーマーケットゾーンのフレスタ瀬戸田店は、これまでの約2倍の売場面積に拡大し、あらゆるシーンと年代層に対応した360度対応型の品そろえへ拡大する。

買い物の利便性を向上させる目的に100円均一ショップ「ダイソー」とFC契約を結びスーパー売場に内包させる。

これにより、より多くの商品が一度の清算で済み、さらに進化した「ワンストップ」を実現する。

これまでなかったコミュニティスペースも、フレスタ2店目となる「喜鐘庵」と焼きたてベーカリーを併設したグローサラント型イートインとして新たに設置する。

地域の人だけでなく、サイクリング中の人にも気楽に立ち寄れるテラスも設け、地域の内外が融合できるスペースも設置する。

商業施設には、ドラッグストア「マツモトキヨシ」(5月オープン予定)、靴「大原商店」、衣料「ウエスギ」、生花「石原華秀園」、郷土品ショップ、カイロプラティック「けんこうなかまの施術院」、ATM「しまなみ銀行」「広島銀行」が出店。

ガソリンスタンドは「太陽石油」が出店し、2階には、音楽教室・英語教室・貸し会議室がある。

リニューアルに際しフレスタモールカジル瀬戸田も合わせて、照明器具などを省エネ型機器に更新するとともに、施設全体のレイアウトも見直しを行い新たなテナントも誘致し魅力あるフレスタカジルモールとして一新する。

尾道市瀬戸田町は5年間で人口が約8%減少し、世帯数3978人口8902名の地域となっているが、近年しまなみ街道への観光やサイクリングなど尾道市以外から来られる人口が増え瀬戸田エリアの活性化に貢献できると判断し、魅力あるモールとして施設をリニューアルした。

街の活性化・住みやすい街づくりへの一躍を担う狙いでリニューアルを実施。「TSUDOU~集う~」をテーマに単なる買い物の場所ではなく、ことあるごとに集える賑わいのある施設を目指す。

施設概要
店舗名称:フレスタ瀬戸田店
所在地:広島県尾道市瀬戸田町中野407-13
フレスタモールカジル瀬戸田1階
TEL:0845-27-3173
営業時間:9時30分~20時
売場面積:1,686.7m2
駐車場台数:169台
年度売上目標:12.0億円

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧