小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

岡山・JR北長瀬駅前/食品スーパー・医療モールなどの複合商業施設を計画

大和ハウスグループの大和リースは3月29日、岡山県岡山市北区のJR北長瀬駅前に複合商業施設を計画し、起工式を行った。2019年3月のオープンを予定する。

<完成予想イメージ>
完成予想イメージ

事業は、1984年に休業した旧国鉄の操車場跡地を活用するもので、2013年に岡山市が「岡山操車場跡地整備基本計画」を策定し、2016年5月に跡地内(民間提案用地)への定期借地方式による事業提案を公募型プロポーザルで募集し、大和リースがが事業者に選定された。

駅前の立地を生かし、食品スーパー・専門店・飲食店・医療モール・フィットネス・立体駐車場などさまざまな機能がある施設(全41店)や、芝生広場などの緑豊かな空間を整備する。

<計画地>
計画地

施設概要
事業名称:岡山操車場跡地健康・医療・福祉系施設導入区域民間提案施設整備事業
敷地面積:30,309.50m2
延床面積:22,868.82m2
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造、木造(合計29棟)
駐車場台数:422台
駐輪場台数:217台
テナント構成:食品スーパー・各種専門店・飲食店・医療モール・フィットネス他
(全41店舗)
設計・監理者:大和リース
施工者:まつもとコーポレーション
オープン:2019年3月予定

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧