小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

阪神梅田本店/スナックパーク13店舗で復活、時短総菜の新業態も

阪神梅田本店は6月1日、建て替え第1期棟をオープンし、地下1階・1階の食のフロアを充実させる。

<地下1階は阪神食品館>

地下1階の「阪神食品館」は、「食の阪神」の評判のもと、総菜・和洋菓子・生鮮、立ち食いの聖地「スナックパーク」などそろえた。

<スナックパーク>

ワンコインランチ(500円)から、夜のサク飲みまで、立ち食いの聖地「スナックパーク」が計13店舗で復活する。

旧スナックパークの人気テナント「阪神名物 いか焼き」「ちょぼ焼き」「御座候」「うまかラーメン」「玉子丸」が入居。

百貨店初出店の「カドヤ食堂」「立ち食い魚 ふじ屋」「肉焼き みらく」「とり天うどん てんぼう」「天ぷらの山」「焼きスパ&ワイン ローマ軒」「魚がし 日本一」が登場する。

総菜売場は、時短ニーズに対応。新業態として、うどんすき「美々卯」が手掛ける割烹弁当、吉野寿司プロデュースのいなり専門店「大阪いなり 嘉助」、「カンナムデリ」などがそろう。

1階は、人気ベーカリーが次々と登場するパン売場、ワインを中心としたリカー売場を展開する。

<パンマルシェ、リカーマルシェ>
パンマルシェ、リカーマルシェ

1か月あたり約30のベーカリーから毎日15種類がそろう食パンセレクトショップ、7か所のイベントスペースでも週替わり話題のパンが登場する「パンマルシェ」となっている。

また、日本最大級のワイン売場「ワインマルシェ」が登場。7か所だった試飲ブースが倍以上の約15か所に増える。

国産を含む世界20か国のワインを様々なテーマで提案する。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧