小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

トライアル/福岡に夜間無人営業、スマホ決済導入「クイック 大野城店」

トライアルカンパニーは12月13日、パナソニック、日本電子決済推進機構と連携したスマートストア「トライアル Quick(クイック) 大野城店」を福岡県大野城市にオープンする。

<トライアル Quick 大野城店>
トライアル Quick 大野城店

同店は、3つの日本初のサービスを導入し、リテールAIによるIOTをリアルで実現した最先端の店舗となる。

<冷凍冷蔵ショーケースにリテールAIソリューション実装>
冷凍冷蔵ショーケースにリテールAIソリューション実装

日本初のサービスの1つ目として、既存の冷凍冷蔵ショーケースにリテールAIソリューションを実装し、商品の在庫状態や人の動き・属性の分析できる仕様になっている。

<商品の在庫状態や人の動き・属性の分析が可能>
商品の在庫状態や人の動き・属性の分析が可能

ショーケースに内蔵されたカメラの画像から、パナソニック独自のDeepLearning技術により、商品の在庫状態や商品に対する顧客の行動や属性(年齢・性別など)を自動的に認識し、POSデータでは得られなかった「非購買データ」などが取得可能。

このデータの解析により、顧客属性に応じた品揃えや商品補充のタイミング、サイネージコンテンツの表示が最適化されるなど、店舗側・メーカー側双方に売上向上のための場を提供することができる。

2つ目は、夜間無人化を実現した。22時~5時の間、日本初夜間無人店舗として営業する。

夜間無人店舗として運営する間は、入口でトライアル専用アプリケーションのQRコード、トライアルプリペイドカードをかざすことで入店することができる。

また、有人レジをなくし、全てセルフレジを導入している。これにより人件費の削減を期待している。

<キャッシュカードでのチャージが可能>
キャッシュカードでのチャージが可能

3つ目として、小売店において初の試みである、キャッシュカードでのチャージが可能なプリペイドカードチャージ機を設置する。

ATMで現金を下ろさずに、キャッシュレスでプリペイドカードへのチャージが可能となる。

専用アプリケーションとも連動し、スマートフォンを使った決済や残高が確認できる。将来的にはキャッシュカードを介さず、スマートフォンのみで銀行口座からプリペイドカードへのチャージも目指す。

<電子プライスカードを全商品に導入>
電子プライスカードを全商品に導入

他にも、トライアル初の試みとして、約1万2000枚の電子プライスカードを全商品に導入。

需要と供給に合わせて価格設定を行うダイナミック・プライシングができる。

全商品への電子プライスカードの導入は、国内でも最先端の取り組みとなる。

<スマホでGo>
スマホでGo

さらに、スマートフォン専用アプリケーション「トライアルお買い物アプリ」内に新機能とし「スマホでGo」が追加され、スマートフォンで商品読み取りから決済、クーポンの提示など新しい購買体験ができる。

「スマホでGo」を利用すると、商品バーコードをお客のスマートフォンで読み取り、商品登録をし、トライアル専用のプリペイドカードを利用して、その場で精算することができる。

レジ待ちをなくすためにタブレット決済機能付きのレジカートと、トライアルが独自に開発した商品動向分析システムと連動したAIカメラを200台導入した。

<デジタルサイネージ>
デジタルサイネージ

店舗内の売り場と連動しデジタルサイネージでトライアル独自のクーポン情報などを表示する。

「トライアル Quick大野城店」が第1号店となる、新業態店舗トライアル「Quick」は、コンビニやドラッグストアのように「家事の時間 “Save” できる店」をコンセプトに運営する小型店舗となっている。

■トライアル Quick 大野城店概要
住所:福岡県大野城市川久保2-5
店舗面積:約945m2
取扱商品:生鮮食品、食品、弁当・惣菜、酒、日用品など
営業時間:24時間営業
電話番号:0120-033-559

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧