小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

渋谷スクランブルスクエア/11月1日開業、食・美容・アパレルなど212店

店舗/2019年07月05日

渋谷スクランブルスクエアは7月4日、第1期東棟を11月1日オープンすると発表した。

<渋谷スクランブルスクエア>
渋谷スクランブルスクエア
提供元:渋谷スクランブルスクエア

渋谷スクランブルスクエアは、東急電鉄、JR東日本、東京地下鉄が事業主体となる、渋谷エリアで最も高い約230m、地上47階建ての大規模複合施設。

14階・45階~屋上の展望施設「SHIBUYA SKY」、17階~45階のオフィス、15階の産業交流施設「SHIBUYA QWS」、地下2階~14階の商業施設からなる。

商業施設には、日本初上陸7店、渋谷エリア初出店45店、新業態37店を含む全212店のショップ&レストランが出店。食物販、ファッション、ビューティ、レストランなど渋谷駅直結・直上の立地を生かし、旬なショップを集めた。

地下2階~1階は食物販を中心に、日本初上陸となるフランス発の人気パティスリー「モリ ヨシダ」、ミシュランで5度星を獲得したシェフによるベーカリー「ティエリー マルクス ラ ブーランジェリー」など、スイーツ・惣菜をそろえた。

<トウキュウ フードショー エッジ>
トウキュウ フードショー エッジ

東急百貨店が運営する「TOKYU Foodshow EDGE(トウキュウ フードショー エッジ)」、エキナカ商業施設「エキュート」の新業態「エキュート エディション」が展開する旬のスイーツ専門フロア、老舗スーパーマーケット紀ノ国屋の新業態「グルマン マーケット キノクニヤ」で構成される。

<エキュート エディション>
エキュート エディション

3階には、「バレンシアガ」、「ジバンシィ」、「ティファニー@渋谷スクランブルスクエア」などのインターナショナルラグジュアリーブランドがオープン。日本発のコレクションブランド「サカイ」も出店する。

2階・4階~9階は「ユナイテッドアローズ」、「トゥモローランド」、「ジャーナルスタンダード」をはじめとする人気のセレクトショップ、ファッション雑貨など、ライフスタイルを彩る店舗がそろう。

10階・11階・14階は、体感型デジタルコンテンツ、ラジオ公開収録などNHKを体験できるスペース「NHKプラスクロスSHIBUYA」、シェアラウンジを設けた「ツタヤ ブックストア」、「東急ハンズ」がオープンする。

<ホセ・ルイス>
ホセ・ルイス

12階~13階の全17店が並ぶレストランフロアは、「フーディーズ スクランブル」に名称を決定した。日本初上陸となるマドリードで人気のスペイン料理「ホセ・ルイス」、自社醸造のクラフトビールを提供する飯能(埼玉県)発都内初出店のアラビア・地中海料理「カールヴァーン・トウキョウ」など、渋谷らしい新たな食のスタイルを発信していく。

<フロア構成>
フロア構成
■渋谷スクランブルスクエア ショップ&レストラン(地下2階~14階)
フロア:地下2階~14階
営業面積:約3万2000m2
店舗数:212店(物販125店、食物販57店、飲食28店、サービス2店)
営業時間:物販・サービス(地下2階~11階、14階)10時~21時
レストランフロア (12階、13階)
12階11時~23時、13階11時~24時
※一部店舗については、営業時間が異なる

■渋谷スクランブルスクエア
事業主体:東京急行電鉄、JR東日本、東京地下鉄
所在:東京都渋谷区渋谷2-24-12
用途:事務所、店舗、展望施設、駐車場など
延床面積:第1期(東棟)約18万1000m2、第2期(中央棟・西棟)約9万6000m2
階数:第1期(東棟)地上47階 地下7階、
第2期(中央棟)地上10階 地下2階、(西棟)地上13階 地下5階
高さ:第1期(東棟)約230m、第2期(中央棟)約61m、(西棟)約76m
運営会社:渋谷スクランブルスクエア
※東急電鉄、JR東日本、東京地下鉄の3社共同出資
開業:第1期(東棟)2019年11月1日、第2期(中央棟・西棟)2027年度
https://www.shibuya-scramble-square.com

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧