小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ヨークベニマル/茨城に「取手戸頭店」オープン、目標年商18億円

店舗/2019年07月08日

ヨークベニマルは7月12日、茨城県取手市に「ヨークベニマル取手戸頭店」をオープンする。

<ヨークベニマルのホームページ>
ヨークベニマルのホームページ

取手市は、茨城県の最南部に位置する人口約10万7000人の都市。千葉県県境まで車で3分の場所に位置し、利根川を挟んで柏市・我孫子市と隣接しており、首都圏からの玄関口として栄えてきた。

取手市と千葉県柏市を結ぶ大利根橋は、2010年に通行が無料化されて以降、交通量が急増し利便性の高い生活道路となり、茨城県と千葉県の往来がに多くなっている。

同店から1km圏内の人口は8714人、世帯数3350世帯、世帯人数は約2.6人で、小中学生の10代を中心としたファミリー層や60代の居住が多い。

また、持ち家比率が高く、一戸建ての住宅より、マンションに居住されている方の比率が高い地域となっている。

同店は、高齢者、単身者が多い地域であることから、惣菜・寿司・ベーカリーの各売場で「出来たて・作りたて」商品、調理時間を短縮し、ひと手間でおいしい食卓メニューとなる商品など、簡便・即食商品の提案に注力。目標年商は18億円と設定している。

鮮魚売場は、特にマグロにこだわり、旬の産地から、切りたて・作りたての刺身をそろえた。要望に応じて調理、量目の変更も対応する。

精肉売場では、ごちそうメニューとしてステーキ、ハンバーグや、お酒のおつまみとしてローストビーフなどを積極的に提案。地元、茨城県の「ひぬま黒牛」を取り揃えるなど、安心・安全で品質の良い商品を用意した。

青果売場は、地元農産物の仕入れを強化し、近隣の契約農家の新鮮な旬の野菜、店内加工のカットフルーツ・サラダにもこだわり豊富な品揃えを目指す。

各コーナーで、少人数の家族でも無駄なく買物できるよう、少量・使いきりサイズのさまざまな商品をそろえた。

取手市へは初出店となり、店舗数は、福島県77店舗、宮城県60店舗、山形県21店舗、栃木県30店舗、茨城県39店舗の合計227店舗(実質稼動は224店舗)となる。

■ヨークベニマル取手戸頭店
所在地:茨城県取手市戸頭1118-1
TEL:0297-71-9621
FAX:0297-71-9622
店舗概要:敷地面積(全体)2万4583m2
延床面積(ヨークベニマル)3461m2
売場面積(ヨークベニマル)2473m2
構造:鉄骨造・平屋建て
駐車台数:(全体)236台
駐輪台数:(全体)252台
営業時間:9時30分~21時30分(年中無休)
※7月12日~7月14日の3日間は午前9時に開店。
年商見込:18億円
取扱品目:ヨークベニマル:食料品、酒、住居関連品
テナント:惣菜、寿司、ベーカリー
クリーニング、ATM1台(セブン銀行)
従業員数:110人(正社員20人、地元採用者90人)

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧