小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イオンリテール/河辺とうきゅう跡地にGMS「イオンスタイル河辺」

店舗/2019年07月18日

イオンリテールは7月18日、JR青梅線河辺駅前に立地する商業複合施設に総合スーパー「イオンスタイル河辺」を8月9日にオープンすると発表した。

<イオンスタイルのロゴ>
イオンスタイルのロゴ

4月30日に閉店した「河辺とうきゅう」の跡地に出店するもの。1日平均乗降者数約2万7000人の「河辺駅」から歩行者デッキにより直結した好立地の店舗。連絡通路をはさんで、図書館や温浴施設も入居しているため、施設利用者の来店も期待できる。

通勤などで駅を利用する人や河辺周辺の住民のニーズに対応する生鮮品や惣菜、日用品を展開するほか、ファッションやコスメなど一堂に取りそろえる総合スーパーを展開する。

河辺駅から70mで駅直結の2階入口側には、店内で購入した弁当や飲料などをイートインスペースで楽しむ「ここdeデリ」を展開する。ランチや仕事帰りのほか、休日は家族で一緒にくつろげる。食品売場では夕食の一品となる惣菜を充実するほか、メインディッシュとなるハンバーグや、サラダなど和洋中の惣菜を提供する「リワードキッチン」を導入する。

地域に根差した食材をそろえ、多摩エリアで生産された野菜や酒、加工品などを提案する。青梅市の野菜を年間通じて品ぞろえするほか、青梅市の地酒「澤乃井」やご当地メニューとして人気の豚汁「御嶽汁」のフリーズドライなども販売する。

肌着を中心にカジュアル衣料を展開するショップ直営のインナーカジュアルストア「iC」を展開し、機能性や素材にこだわった商品を提案する。また、カウンセリング化粧品やナチュラルコスメなどを取りそろえた直営の美と健康のショップ「グラムビューティーク」や近隣の病院で発行された処方せんの薬を帰り道に受け取ることができる「イオン薬局」などを展開する。

駅前の利便性を活かして、イオンのオンラインショップ「キッズリパブリックオンライン」「イオンスタイルファッション」「イオンスタイルホーム」「グラムビューティークウェブストア」で購入した商品を店舗でも受け取ることができる「店舗受取りサービス」を実施する。

「河辺とうきゅう」で勤務していた約40人をイオンリテールが受け入れた。地域を熟知したパート社員と共に、地域のお客の利便性向上に努めるという。

店舗概要
所在地:東京都青梅市河辺町10-7-1
オープン日:2019年8月9日
売場面積:直営約3500m2、専門店約5200m2(A・B棟含む)
駐車台数:509台
駐輪台数:284台
営業時間:直営2階食品、日用品9時~22時
イオン薬局9時~19時(土・日・祝日は18時閉店)
3階「iC」「グラムビューティーク」9時~21時
(※専門店は店舗によって異なる)
休業日:年中無休
交通アクセス:JR青梅線河辺駅から徒歩約1分

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧