メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

住友不動産/羽田空港直結「商業・宿泊・会議場など複合施設」来春開業

2019年12月12日店舗

住友不動産、羽田エアポート都市開発は12月10日、「羽田空港直結複合開発プロジェクト」街区名称を「羽田エアポートガーデン」とし、その計画概要を発表した。

<羽田エアポートガーデン>
羽田エアポートガーデン

同街区は、「羽田空港跡地まちづくり推進計画」に基づき、国際拠点空港化に伴い求められる機能の強化と、羽田空港国際線ターミナルに隣接したエリアにふさわしい利用促進と周辺エリアとの連続性を確保することを目的として、国土交通省より土地の貸付を受け、整備・運営を担っている。

敷地面積4万3000m2の「羽田エアポートガーデン」は、2020年春開業。羽田空港国際線ターミナルに直結する立地ポテンシャルを最大限生かし、商業施設、宿泊施設、会議室・イベントホール、天然温泉、バスターミナルなどの複合施設を計画した。

<フードコートイメージ>
フードコート

商業施設は、約290席の大型レストランからフードコートまで、多彩な30店舗、合計約1600席のレストランを設置。日本の文化を発信する逸品にも出会える60店舗のショッピングゾーンを予定している。

<ショッピングゾーン>
ショッピングゾーン

ショッピングゾーン「住友不動産ショッピングシティ 羽田エアポートガーデン」は、日本文化を感じられる名産品の数々を販売する「ジャパンプロムナード」、服飾・雑貨 のショップが並ぶ「羽田参道」、ドラッグストア、大型コンビニエンスストアなどがそろう。

<ホテル ヴィラフォンテーヌ グランド 羽田空港>
ホテル ヴィラフォンテーヌ

「ホテル ヴィラフォンテーヌ グランド 羽田空港」は、多様なニーズに対応する全13タイプ1557室を用意。。対面フロントだけでなく、自動チェックイン機を導入するなど、ゲストのフローを最適化することで、快適な滞在を演出する。

<ベルサール羽田空港>
ベルサール羽田空港

会議室・イベントホール「ベルサール羽田空港」は、約700人まで収容可能な大型イベントホール( 1140m2・天井高4.5m)、会議室・バンケット(10室)で、国際会議や学会、催事など空港直結MICE 会場となっている。

<大規模天然温泉>
大規模天然温泉

また、施設最上階には約2000m2の広さを誇る大規模天然温泉を設置。国際拠点空港化に合わせ、早朝から深夜まで24時間営業で、ホテル宿泊者はもちろん、空港利用者の癒しの空間を目指す。

<バスターミナル>
バスターミナル

さらに、羽田空港と日本各地を結び、アクセスを向上させる機能を担う15停留所のバスターミナルを解説する。新宿、渋谷など都内の主要駅への都心路線、白馬、草津温泉などの観光エリア、東北、北関東、中部、北陸、近畿の地方都市と羽田空港を結ぶ新ルートを含む中長距離路線など、1日約900便が発着する予定となっている。

雨の日にも濡れずに乗車可能な室内待合施設は、ショッピング・飲食ゾーンにも隣接している。

■羽田空港直結複合開発プロジェクト
街区名称:羽田エアポートガーデン
所在地:東京都大田区羽田空港2 丁目
敷地面積:約4万3000m2
延床面積:約9万1500m2
階数:地上12階
主な用途:ホテル(ラグジュアリーホテル160室、ハイグレードホテル1557室、おもてなしセンター)温泉、商業施設、イベントホール、会議室・バンケット、バスターミナルなど
スケジュール:2018年4月土地借受・着工、2020年春開業予定

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月05日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方